このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市内で振り込め詐欺が多発しています(還付金詐欺の被害が増えています)

更新日:2017年9月4日

目次

市内の振り込め詐欺発生状況

表:手口別発生認知件数・金額
手口 平成29年1月~6月 平成28年
平成27年
平成26年
オレオレ詐欺

12(4)件

22(4)件 32(6)件 36(3)件
架空請求詐欺 2(1)件 6件 5件 8件
融資保証金詐欺 0件 1件 0件 0件
還付金等詐欺 4件 14件 11件 3件
合計 18(5)件 43(4)件 48(6)件 47(3)件
被害金額 約3,992万円 約9,260万円 約9,376万円 約1億4,828万円

注意:かっこ内は未遂、内数

被害の特徴

  • 平成28年は市役所職員などをかたった「還付金等詐欺の被害件数が過去最悪となりました
  • 平成27年は市役所職員や税務署職員、社会保険事務所職員などをかたった「還付金等詐欺」が多発しました
  • 平成26年は県内全域で被害が急増しました。特に、市内では件数・被害額ともに激増し、被害金額合計は過去最悪となりました

次のチラシでも紹介しています。

被害防止のための啓発キャンペーンを行いました

過去の情報は国立国会図書館サイトからご覧ください。

過去の情報の詳細は国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)を閲覧してください。

還付金詐欺の手口が急増しています

犯人は、次のような手口でATMから現金を振り込ませようとします。

  1. 犯人は市役所職員や税務署職員を名乗って電話を掛けてきます
  2. 医療費・年金・税金などの還付金を受け取るための手続きだと偽って、コンビニエンスストアやスーパーマーケット設置のATMに出向かせます
  3. 犯人は電話でATMの操作方法を指示し、指示通り操作すれば還付金を受け取れると誤信させます
  4. 指示されたATMの操作内容は、実際は振り込み手続きです。言われるままに操作すると、犯人に現金を振り込んでしまいます

最初のだましの電話から現金を振り込ませるまでに掛かる時間は、平均約1時間30分と短い時間で被害が発生しています。

市役所や税務署では還付金の手続きをATMで行うことは絶対にありません。

次のチラシでも紹介しています。

こんな電話が掛かってきたら注意してください

市役所職員や税務署職員を名乗る者から…

  • 還付金がありますのでATMに行ってください

息子や孫を名乗る者から…

  • 風邪で声が変わった
  • 電話番号を変えた
  • 急にお金が必要になった
  • 代わりの者にお金を渡して

進化するだましの手口

これまでの振り込め詐欺は息子や孫などをかたって現金を振り込ませる手口がほとんどでしたが、最近になって、警察官や市役所職員、銀行員・弁護士などをかたって現金を手渡しさせる手口が増えてきました。
振り込め詐欺の手口はいつも同じではありません。
犯人は、お金を要求する1カ月も前から「電話番号が変わった」という連絡を入れたり、警察官をかたって何度も電話して信用させたりと、あらゆる手段を使ってあなたをだまそうとたくらんでいます。

公的機関を名乗る電話であっても、お金やキャッシュカードなどの話が出た場合は、相手機関の電話番号をもう一度自分で確かめて、折り返しの電話で確認、相談してください。

自分は絶対に大丈夫…でしょうか

振り込め詐欺の被害者の多くは、「私は振り込め詐欺の知識はある」と言います。しかも、被害者は常に「自分は絶対に被害に遭わない。大丈夫」「自分は被害者になることはない」と絶対の自信を持っています。
電話の相手を声だけで信じてはいけません。必ず電話の相手が誰なのか確認しましょう。

不審な電話を受けたら

  • 動揺しない、慌てない(電話を切ったあと、すぐに事実を確認する気持ちで)
  • 電話を受けたとき、「詐欺かもしれない」と疑ってみてください
  • 警察、銀行、公的機関の職員などがキャッシュカードを受け取りに行くことは絶対にありません
  • すぐにお金を振り込まないようにしてください
  • お金を振り込む前に、自分の家族や親戚、または警察に相談してください
  • 不審に思ったり、心配に思ったら、すぐに警察に連絡してください

振り込め詐欺の被害に遭わないために

家族の緊急連絡先を知る(家族間のコミュニケーションで被害を防ぎましょう)

普段の様子と違う電話が掛かってきたときは、それが事実かどうか確認する必要があります。そこで、緊急時の連絡先として、本人の携帯電話番号や勤務先の電話番号、友人の連絡先などを把握しておき、いつでも確実に連絡が取れるようにしておきましょう。

電話を掛け直す

「携帯電話の番号が変わった」という電話には、一度電話を切って、元の電話番号に掛け直すようにしましょう。

ひとりで悩んだり、解決しようとしない

疑わしい時は、すぐに警察に相談してください。

電話に出ない

  • 留守番電話機能を利用しましょう。すぐに電話を取らないで、ワンテンポ落ち着いてから受話器を取りましょう
  • 通話録音装置を設置しましょう(子どもや孫から離れて暮らす父母またはおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントしてはいかがでしょうか)

犯人は自分の声や周囲の音などを録音されるのを嫌がります。

次のチラシでも対策を紹介しています。

関連リンク

電話:048-734-0110

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

暮らしの安全課生活安全担当
所在地:春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2827 ファックス:048-734-5516

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ