このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

住まいの防犯診断

更新日:2017年2月1日

市内で住まいへの侵入犯罪が多数発生しています。

市内の侵入窃盗被害発生件数

  • 平成28年…200件
  • 平成27年…177件
  • 平成26年…198件

侵入窃盗(空き巣・忍込みなど)の主な手口や特徴

  • 侵入口は窓からの侵入が73.1パーセントを占めています
  • 侵入手段はガラス破りが44.5パーセントでもっとも多くなっています
  • 無施錠のカ所からの侵入も42.9パーセントと目立ちます
  • 現金、貴金属、パソコンなどの電気製品の他、健康保険証やパスポートなど換金可能なものは全て狙われます
  • 被害に遭った後、犯人が警察官などを装って、盗んだキャッシュカードの暗証番号を聞き出して、現金を引き出すなどの手口もあります

被害を防ぐためには

平素から、皆さん一人一人の自主防犯への意識が大変重要です。

侵入を防ぐために

  • 在宅時、不在時を問わず、ドアや窓の鍵をきちんと掛けましょう
  • 1つのドアや窓に、鍵を2つ以上取り付けましょう(ワンドア・ツーロック)
  • 窓は防犯ガラスにするか、防犯フィルムを貼ったり、頑丈な面格子のものを取り付けましょう
  • ドアや窓にサムターンカバーやピッキング対応錠を取り付けましょう
  • 防犯アラーム、防犯カメラ、センサーライトなどを利用しましょう
  • 家の周囲の整理整頓に努め、犯人の侵入を容易にするようなものを放置しないようにしましょう
  • 庭に砂利を敷くと、歩くたびに音が出るので、防犯に効果的です

留守と分からないようにするために

  • 外出時は、明かりをつけておくか、タイマーを利用しましょう
  • 旅行などの時は、新聞や郵便物の配達を止めてもらいましょう

見通しのきく構造に

  • 塀や植栽などを見通しがきくようにしましょう

被害を最小限にするために

  • 多額の現金を家に置かないようにしましょう
  • 通帳や貴金属などだけでなく、パスポートや健康保険証などの保管場所を工夫しましょう

近隣との連携を

  • 旅行などの時は、近所に声を掛けて出掛けましょう

埼玉県ホームページ「あなたの住まいの防犯診断」

インターネット上でいくつかの質問に対して「はい」または「いいえ」で回答することで、簡単に住まいの防犯診断をすることができます。また、「一戸建て用」と「共同住宅用」に質問が分かれているので、自宅の状況に合わせて、診断をしてみてください。
自分の家は自分で守るという意識が、侵入盗を防ぐことにつながります。防犯診断を活用して、防犯に配慮した住まいづくりを目指しましょう。

お問い合わせ

暮らしの安全課 生活安全担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2827 ファックス:048-734-5516

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ