このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

首都圏外郭放水路利活用協議会

更新日:2018年7月2日

首都圏外郭放水路の利活用について、「首都圏外郭放水路利活用懇談会」の提言を踏まえ、国・春日部市・関係団体で構成する「首都圏外郭放水路利活用協議会」を開催し、首都圏外郭放水路のさらなる利活用や具体的な検討を進めています。

「民間運営見学システム」による社会実験が、8月から始まります

日本が世界の誇る防災システム・巨大地下神殿「首都圏外郭放水路」が本格的な「防災インフラ観光施設」として新たにスタートします。

開催時期

平成30年8月1日(水曜日)から毎日(土曜日、日曜日、祝日を含む)

見学料金

1人500円(税込み)

予約開始

平成30年7月2日 午前11時~

連携事業者選定および連携協定締結(平成30年4月27日)

平成30年4月27日に「首都圏外郭放水路」の民間開放による施設見学会などを実施するための基礎データ収集を目的とした社会実験を行う連携事業者として「東武トップツアーズ 株式会社」と連携協定を締結しました。
今後、「首都圏外郭放水路利活用協議会」と「東武トップツアーズ 株式会社」は連携して社会実験を行い、首都圏外郭放水路の各施設を利活用し、インフラツーリズムの拡大や地域活性化を進めていきます。

首都圏外郭放水路利活用協議会

第4回協議会(平成30年6月25日開催)

8月の社会実験実施内容及び今後の民間開放に向けての進め方について検討しました。

第3回協議会(平成30年4月24日開催)

写真:協議会の様子

社会実験に伴う連携協定事業者の募集結果について報告し、連携事業者の選定を行いました。

第2回協議会(平成30年3月20日開催)

「都市・地域再生等利用区域の指定」について、平成30年3月20日付けで指定となりました。また、社会実験の実施に伴う連携協定事業者の募集について検討しました。

第1回協議会(平成30年2月15日開催)

協議会の設立および民間開放に向けての今後の進め方などを検討しました。

首都圏外郭放水路利活用懇談会(平成29年9月26日開催)

写真:協議会の様子

首都圏外郭放水路は、防災に関する意識啓発や治水事業などに対する理解を深めてもらうため、一般の人を対象とした見学会を実施していますが、今後、より多くの人に、施設の役割を知ってもらうため、また、観光の呼び水として、地域活性化に繋がる更なる利活用ができないかを検討するため、有識者から意見・提言をもらうための「首都圏外郭放水路利活用懇談会」を開催しました。

関連リンク

お問い合わせ

観光振興課 観光振興担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7767 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ