このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

首都圏外郭放水路とは(オンライン彩龍の川防災フェスタ)

更新日:2021年11月20日

地下を貫く巨大空間

春日部市内、国道16号直下。そこには地底50メートルを貫く巨大な地下空間がある。

首都圏外郭放水路

全長6.3キロメートル、世界最大級の地下放水路の名だ。

首都圏外郭放水路は、日本が世界に誇る土木技術の粋を結集し、平成5年3月より工事に着手。およそ13年の歳月をかけ、平成18年6月、大落古利根川から江戸川までの通水が可能となった。

 

外郭放水路の役割

首都圏外郭放水路の役割は、大きく分けて2つある。

  1. 中川・大落古利根川等の市内中小河川の洪水を地下施設に貯留(ため込む)する機能
  2. 中川・大落古利根川等の市内中小河川の洪水を江戸川に排水する機能

元来、中川流域の埼玉県東部地域は、地形的に利根川、江戸川、荒川の大河川に囲まれ、水がたまりやすい、皿のような構造地形をしており、多くの浸水被害に悩まされてきた。さらに、河川の勾配が緩やかなことも災いし、ひとたび大雨に見舞われると、すぐには水位が下がらず、危険な状態が続くのだ。

こうした経緯やさまざまな水害問題から、水害に強い街づくりを目指し、その取り組みの中で、首都圏外郭放水路は大きな柱として運用されている。

写真:首都圏外郭放水路

こんなに効果があった

画像:首都圏外郭放水路による治水効果(画像下に説明有り)

首都圏外郭放水路は、春日部市が含まれる中川・綾瀬川流域の浸水被害の軽減に大きな力を発揮しています。
令和元年(2019年)10月の台風第19号(東日本台風)においては、中川・綾瀬川流域の流域平均雨量は216mm/48hr(速報値)(注釈)となり、中川の吉川水位観測所では「氾濫危険水位」を超える出水となりました。首都圏外郭放水路では、歴代3位となる約1,218立方メートルの洪水調節を実施しました。
その結果、昭和57年(1982年)9月洪水の1.1倍の降雨量に対して、中川・綾瀬川流域の浸水戸数を約9割、被害額で約264億円の軽減効果がありました。
(注釈)mm/hr:時間当たりの降雨量

クイズに答えると首都圏外郭放水路「地下神殿コース」見学会チケットをプレゼント

私たちのまちを浸水から守ってくれている首都圏外郭放水路について、もっと知ってもらうために、クイズの正解者から抽選で30組(60人)に、春日部市観光協会から「地下神殿コース」見学会のペアチケットをプレゼントします。
クイズは下記の回答フォームから回答してください。

(注意)当選者の発表は、チケットの発送をもってかえさせてもらいます。

問1 庄和排水機場のポンプ4台をフル稼働させると、1秒でどれくらいの排水能力があるでしょうか

  1. 50立方メートル
  2. 100立方メートル
  3. 200立方メートル

問2 通称「地下神殿」と呼ばれている調圧水槽には、何本の柱がありますか

  1. 38本
  2. 59本
  3. 82本

問3 水を取り込む立坑の深さは、どのくらいでしょうか

  1. 約10メートル
  2. 約40メートル
  3. 約70メートル

関連リンク

春日部市観光協会

春日部市の観光案内などに興味がある人は、ぜひご覧ください。

写真:春日部情報発信館「ぷらっとかすかべ」

首都圏外郭放水路

首都圏外郭放水路では、壮大なスケールを体感できる、4コースの見学会を開催しています。

お問い合わせ

庄和総合支所 総務担当
所在地:〒344-0192 春日部市金崎839番地1
電話:048-746-1111 内線:7014 ファックス:048-746-4797

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ