• English
  • 中文
  • 한국어
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合い変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • 組織案内
  • お問い合わせ

ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 分別 > 可燃ごみ処理の流れ

ここから本文です。

更新日:2012年3月1日

可燃ごみ処理の流れ

1.収集・投入

写真:トラックスケール(左)、ごみクレーン(右)

市内のごみ置き場に出された可燃ごみは、収集車に積まれてこのトラックスケール(写真左)で重さを計量し、ごみピットに投入されます。
ごみピットに投入された可燃ごみは、ごみクレーン(写真右)でかき混ぜて、焼却炉へ投入されます。

2.焼却

写真:焼却炉内(左)、発電機(右)

ごみクレーンで投入されたごみを、焼却炉で燃やします。
ごみは自動燃焼制御により完全に焼却されます(写真左) 。

また、ごみ焼却によって発生する熱エネルギーを使って発電し、その電力を工場棟で利用しています(写真右)。

3.焼却灰の処理

ごみを燃やして発生した焼却灰は、市一般廃棄物最終処分場の埋め立てが完了したため、民間施設での資源化や、民間最終処分場での埋め立てで処理しています。

春日部市一般廃棄物最終処分場 (※埋め立て完了)

 

お問い合わせ

環境センターごみ処理施設担当

所在地:〒344-0014 春日部市豊野町三丁目6番地

電話:048-734-2111

ファックス:048-734-2455

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?