このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

医療費の助成・重度心身障害者医療費助成制度

更新日:2017年8月1日

重度心身障がい者の福祉の増進を図るため、障がいのある人が病院などで診療を受けた場合、保険診療における最終的な医療費本人負担額を助成します。
助成を受けるには、あらかじめ受給資格の登録が必要です。

目次

平成29年10月から受給者証が新しくなります

重度心身障害者医療費受給者証は、5年ごとに更新しており、現在使用している重度心身障害者医療費受給者証の有効期限は、平成29年9月30日までとなっています。
平成29年9月下旬に新しい受給者証を郵送します(特に手続きは必要ありません)。なお、平成29年10月以降も届かない場合は、ご連絡ください。
また、現在使用している受給者証は、平成29年10月から使用できません。同封する返信用封筒にて返還してください。

画像:イメージ図(画像の上に説明あり)

注意

住所や健康保険証などを変更した場合は、変更の届け出が必要です。変更手続きを行わないと、新しい受給者証が届かないことがあります。

対象者

健康保険に加入している人で、次の居住要件・障害要件のそれぞれに該当する人。
ただし、65歳以上で新たに重度心身障がい者となった人は対象外です(平成27年1月から適用)

居住要件

  1. 市内に住所を有する人
  2. 市から援護を受け、市外にある障害者支援施設などに入所している人
  3. 県から障害児施設給付費の支給を受け、市外にある障害児施設に入所している人
  4. 国民健康保険の住所地特例により、春日部市の国保に加入し、市外の施設に入所している人
  5. 後期高齢者医療制度の住所地特例により、埼玉県後期高齢者医療制度に加入し、県外の施設に入所している人

障害要件(重度心身障がい者となる要件)

  1. 身体障害者手帳1級~3級
  2. 療育手帳マルA、A、B
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級(ただし、精神病床に入院した時の費用は対象外)(平成27年1月から適用)
  4. 65歳以上の人で、埼玉県後期高齢者医療広域連合などの障害認定を受けた人(身体障害者手帳4級の一部、精神障害者保健福祉手帳1級および2級、障害基礎年金証書1級および2級)

支給対象

次の保険診療における最終的な医療費本人負担額を助成します。

  1. 保険診療一部負担金
  2. 保険調剤一部負担金
  3. 治療用装具(医師が必要と認めた補装具の場合、健康保険の療養給付後の一部負担金を助成します)

対象にならないもの

  • 医療費一部負担金に対して、他の制度から支給される医療費
    (高額療養費や付加給付金、更生医療や療育医療などの諸給付)
  • 介護保険の利用により支払った一部負担金
  • 入院時の食事代
    (食事療養費標準負担額、生活療養標準負担額)
  • 保険外診療の自己負担分
    (美容整形、正常な妊娠・お産、歯列矯正、差額ベッド代、おむつ代、健康診断、予防接種、物品代など)
  • 文書料や手数料
    (診断書、証明書など)
  • 仕事上のけがや病気
    (労災保険が適用されるか、労働基準法に従い雇い主の負担となります)
  • その他、健康保険の対象とならないけがや病気
    (第三者行為(けんか・交通事故などによる受診)、わざとした行動や犯罪によるもの、医師の指示に従わないものなど)

受給資格申請手続きに必要なもの(受給資格の取得)

次のものを持って、市役所1階 障がい者支援課または庄和総合支所2階 福祉課で受給資格登録の手続きをしてください。
手続きが済み次第、「重度心身障害者医療費受給者証」を発行します。

支給方法

支給方法は、次のいずれかです。

1.市内の保険医療機関を受診した場合(現物給付)

「重度心身障害者医療費受給者証書」を、健康保険証や特定疾病療養受療証とあわせて保険医療機関窓口へ提示してください。保険機関窓口での医療費一部負担金の支払いは不要です。

注意

  • 春日部市医師会・春日部市歯科医師会・春日部市薬剤師会・春日部市整骨師会・春日部鍼灸(しんきゅう)マッサージ師会などの協力で、窓口での医療費の支払いを廃止しています
  • 医師会などに未加入で市と個別に協定を結んでいない市内保険医療機関を受診した場合は、次の「2.市外の保険医療機関、一部の市内保険医療機関を受診した場合(償還払い)」で市へ請求してください

2.市外の保険医療機関、一部の市内保険医療機関を受診した場合(償還払い)

受診した保険医療機関窓口で医療費一部負担金を支払い、重度心身障害者医療費請求書に保険医療機関発行の領収書を添えて、市役所1階 障がい者支援課または庄和総合支所2階 福祉課へ提出してください。

月ごと・保険医療機関ごと(1つの保険医療機関で歯科を含む複数の診療科を受診した場合は、歯科の診療分は、もう1枚用紙を使って分ける)・入院通院は分けて、医療費請求書を作成してください。

注意

  • 月末までに請求すると、請求月の翌々月の15日(休日に当たる場合は、その直前日)に、申請した金融機関口座に振り込みます(高額療養費付加給付金に該当する可能性がある場合は、請求月から5カ月以上かかる場合があります)
  • 償還払いの場合、受給者が医療機関へ一部負担金を支払った日から5年を経過すると時効により請求することができません
  • 後期高齢者医療制度に加入している人は、高額療養費に係る同意書により高額療養費分を市で預かっています
    高額療養費や付加給付金の請求時効は受給者が医療機関へ一部負担金を支払った日から2年です。特にご注意ください

高額療養費や付加給付金が健康保険から支給される場合

支給方法によって、対応が異なります。

現物給付の場合

高額療養費や付加給付金を含めて、春日部市から保険医療機関へ支払います。
そのため、加入している健康保険組合から受給者へ高額療養費や付加給付金が振り込まれた場合は、市へ返還してもらいます。

償還払いの場合

高額療養費や付加給付金を差し引いて、請求者へ助成します(後期高齢者医療制度加入者を除く)。
なお、請求書提出後に、高額療養費や付加給付金に該当すると判断した場合は、請求書類一式を返還する場合があります。その場合は、受診からおおむね3カ月後に、健康保険から送付される高額療養費支給決定通知などを添えて再提出してください。

注意事項
  • 市県民税未申告者(家族も含む)が高額療養費に該当した場合、収入の把握ができないため、医療費自己負担は上位所得者区分になりますが、重度心身障害者医療費助成では、非課税世帯区分での助成とします(住民税の申告が確認できれば精算します)
  • 後期高齢者医療制度に加入している人は、高額療養費に係る同意書により、償還払いの場合も市から高額療養費分を含めて支払います

人工透析などの特定疾病療で院外処方が発生する場合

加入する健康保険によって、市内保険医療機関であっても病院と薬局とで助成方法が異なります。

表:人工透析などの特定疾病療で院外処方が発生する場合
特定疾病の受診で院外処方が発生する場合 後期高齢者医療制度加入者 左記以外の医療保険加入者
人工透析などを受けた病院 現物給付 現物給付
上記病院の処方せんにより、薬を処方された保険薬局 現物給付 償還払い

一部の健康保険では、病院分・薬局分ともに「償還払い」での助成となる場合があります

注意事項

  • 重度心身障害者医療費受給者証は、健康保険証や特定疾病療養受療証と併せて、受診する都度、必ず保険医療機関窓口へ提示してください
  • 自立支援医療など他の公費負担医療制度が利用できる場合は、そちらが優先されます
  • 埼玉県内の保険医療機関で受診した場合は、受給者証の提示で初診および再診に掛かる特別料金の徴収が免除されます

紛失・変更などの手続き

  • 重度心身障害者医療費受給者証書を紛失または破損した場合
    健康保険証と印鑑を持って、市役所1階 障がい者支援課または庄和総合支所2階 福祉課へ受給者証再交付申請書を提出してください
  • 登録内容(加入医療保険・住所・氏名など)に変更があったとき、転出・死亡などの場合
    市役所1階 障がい者支援課または庄和総合支所2階 福祉課へ資格内容変更・喪失届を提出してください
    個人番号カードなどの個人番号が確認できる書類を持参してください

手続きが遅れると、その間の医療費助成が受けられなくなる場合がありますので、ご注意ください。
受給資格喪失した日以降の受診分が支給されていた場合、喪失後受診分を市へ返還することになります。

申請書などダウンロード

1.重度心身障害者医療費受給資格登録申請書

2.重度心身障害者医療費同意書

3.重度心身障害者医療費請求書(受給者用)

4.重度心身障害者医療費請求書(医療機関用)

5.重度心身障害者医療費資格内容変更・喪失届

6.重度心身障害者医療費受給者証再交付申請書

お問い合わせ

障がい者支援課 障がい者医療担当

所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111(内線:2549)
ファックス:048-734-1294

庄和総合支所福祉課 福祉担当

所在地:〒344-0192 春日部市金崎839番地1
電話:048-746-1111(内線:7044)
ファックス:048-746-4797

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

障がい者支援課障がい者医療担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2549 ファックス:048-734-1294

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ