• English
  • 中文
  • 한국어
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合い変更
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • 組織案内
  • お問い合わせ

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 献血・骨髄移植 > 骨髄・末梢血(まっしょうけつ)幹細胞の提供者に助成金を交付します

ここから本文です。

更新日:2014年10月1日

骨髄・末梢血(まっしょうけつ)幹細胞の提供者に助成金を交付します

骨髄移植や末梢血(まっしょうけつ)幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血などの病気によって正常な造血が行われなくなった患者の造血幹細胞を、健康な人の造血幹細胞と入れ替えることにより、造血機能を回復させる治療法です。

毎年2千人程度の患者が、公益財団法人日本骨髄バンクを介した骨髄・末梢血幹細胞移植を必要としています。しかし、実際に移植を受けることができる患者さんは、そのうちの6割程度にとどまっています。

骨髄などの提供には、最終的な提供意思(最終同意)の確認後、7日間程度の通院や入院が必要です。 この期間、仕事や育児、介護などを休むことが経済的に困難であるという理由から、提供を断念せざるを得ない場合が多くあります。

そこで、市では、骨髄などを提供しやすい環境を整備するため、提供者に対し助成金を交付しています。

春日部市骨髄移植ドナー助成金の交付

対象者

以下の全てに該当する人

  • 平成26年4月1日以降に、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業で、骨髄・末梢血幹細胞を提供した人
  • 骨髄などの提供時に市内に住所を有している人
  • 他の自治体が実施する骨髄などの提供に係る助成金などの交付を受けていない人
  • 骨髄などの提供に係る休暇制度(ドナー休暇制度)を設けている企業、団体などに属していない人

助成額

骨髄などの提供のための通院・入院・面接1日に付き2万円(ただし、1回の提供に付き上限14万円)

申請期限

骨髄などの提供が完了した日から、90日以内

申請方法

以下の書類などを持って、市役所第2別館2階健康課窓口までお越しください。

ドナー登録にご協力をお願いします

骨髄・末梢血幹細胞移植のためには、提供者と患者の白血球の型(HLA型)の適合度を確認する必要があります。その適合度によっては、拒絶反応などの合併症によって、移植の成功率が低くなってしまいます。

HLA型は、両親から半分ずつを遺伝的に受け継ぐため、兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致します。 しかし、親子間では一致することがまれで、非血縁者間では、数百~数万分の1の確率でしか一致しません。

そのため、1人でも多くの患者に移植の機会が生まれるよう、1人でも多くのドナー登録が必要です。

ドナー登録の詳細は、公益財団法人日本骨髄バンク ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

日本骨髄バンクホームページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康課地域医療推進担当

所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地

電話:048-736-1111

内線:7512

ファックス:048-736-1115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?