このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

早期不妊検査費・早期不妊治療費助成事業が始まりました

更新日:2018年4月4日

市では、不妊検査や不妊治療に係る費用の負担を軽減し、子どもを生み育てやすい環境をつくるため、子どもを望む夫婦に対して、平成30年4月1日から助成を行っています。

早期不妊検査費助成事業

夫婦で不妊検査を受けた人に対して、1回限り2万円を上限に助成します。

助成対象となる人

次の1~4の全ての項目に該当する夫婦。

  1. 不妊検査の終了日、または検査開始日から1年を経過した日のいずれか早い日が、平成30年4月1日以降であること
  2. 申請日時点において、法律上の婚姻をしている夫婦で、夫婦のいずれかが春日部市に住民登録があること
  3. 不妊検査開始時の妻の年齢が43歳未満であること
  4. 他市町村で同様の助成を受けていないこと

助成対象となる検査

次の1~3の全ての項目に該当するもの。

  1. 指定医療機関、または助成対象医療機関で受けた不妊検査であるもの
    指定医療機関と連携する医療機関(泌尿器科)が実施した検査も対象となります
  2. 夫婦双方が受けた不妊検査で、夫又は妻の検査開始日のうち、いずれか早い日から1年以内のもの
  3. 特定不妊治療による助成金などその他の助成金を受けていない不妊検査に係る経費であるもの

指定医療機関

指定医療機関とは、都道府県、指定都市および中核市の長が指定する特定不妊治療を実施する医療機関です。

助成対象医療機関

助成対象医療機関とは、不妊検査を実施する医療機関のうち、埼玉県公式ホームページで公表する医療機関です。

指定医療機関・助成対象医療機関は、ウェルカムベイビープロジェクト(埼玉県の不妊・不育に関する総合的支援のご案内)(外部サイト)をご覧ください。

助成額

助成の対象となる検査費用のうち、自己負担額とし、2万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します。

助成回数

夫婦に1組につき1回まで

申請方法

次の1~6の書類を提出してください。

  1. 春日部市早期不妊検査費助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 春日部市早期不妊検査実施証明書(様式第2号)
  3. 指定医療機関などが発行する領収書(原本)
    助成の対象となる医療機関が指定されています。確定申告などで領収書を提出する予定がある人は、早めに申請してください
  4. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(戸籍謄本。市外在住者のみ必要)
  5. 住所を確認できる書類(住民票。市外在住の方のみ必要)
    夫婦が共に市内在住者の場合は、戸籍謄本および住民票は不要です
    夫婦が別世帯の場合で、一方が市外在住者の場合は、婚姻関係を確認することができないので、市外在住者の住民票と戸籍謄本が必要です
    住民票は、原本で世帯全員および続柄記載、マイナンバーの記載がないものを提出してください
  6. 助成金の振込先金融機関の口座名義および口座番号がわかるものの写し(夫婦どちらかの名義のもの)

不妊検査の終了日の属する年度、もしくは、夫、または妻の検査開始日のうち、いずれか早い日から1年を経過した日の属する年度のいずれか早い日(申請基準日)の属する年度内に申請してください。ただし、上記申請基準日が2月1日から3月31日の場合に限り、翌年度5月31日まで申請を受け付けます。

早期不妊治療費助成事業

埼玉県が行っている特定不妊治療(体外受精・顕微授精)の初回助成を受けた夫婦に対し、1回限り10万円を上限に助成します。

助成対象となる人

次の1~5の全ての項目に該当する夫婦となります。

  1. 埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成の対象となる特定不妊治療の終了日が平成30年4月1日以降であること
  2. 申請日時点において、法律上の婚姻をしている夫婦で、夫婦いずれかが春日部市に住民登録があること
  3. 埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成の対象となる特定不妊治療に係る治療開始時の妻の年齢が35歳未満であること
  4. 埼玉県不妊治療費助成事業助成金の支給決定を受けていること
  5. 他市町村で同様の助成を受けていないこと

助成対象となる特定不妊治療

申請を行う年度に、埼玉県不妊治療費助成事業の初回助成の対象となったもの。ただし、次の1と2に該当するもの(埼玉県不妊治療費助成事業実施要項及び県内指定都市等実施要項別表1に掲げる体外受精・顕微授精の治療ステージCとF)は除く。

  1. 以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施したもの
  2. 採卵した卵が得られないまたは状態のよい卵が得られないため中止したもの

助成額

助成の対象となる特定不妊治療に係る費用のうち、埼玉県特定不妊治療費助成事業助成金を除いた金額とし、10万円(千円未満切り捨て)を上限に助成します。

助成回数

夫婦1組に付き1回まで

申請方法

下記の1~7の書類を提出してください。

  1. 春日部市早期不妊治療費助成金交付申請書(様式第1号)
  2. 埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の写し
  3. 埼玉県不妊治療費助成事業不妊治療実施証明書の写し
  4. 治療費の領収書(原本)
    確定申告等で領収書を提出する予定がある人は、早めに申請してください
  5. 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明できる書類(戸籍謄本。市外在住者のみ必要)
  6. 住所を確認できる書類(住民票。市外在住者のみ必要)
    ・夫婦が共に市内在住者の場合は、戸籍謄本および住民票は不要です
    ・夫婦が別世帯の場合で、一方が市外在住者の場合は、婚姻関係を確認することができないので、市外在住者の住民票と戸籍謄本が必要です
    住民票は、原本で世帯全員および続柄記載、マイナンバーの記載がないものを提出してください
  7. 助成金の振込先金融機関の口座名義および口座番号が分かるものの写し(夫婦どちらかの名義のもの)

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。春日部市早期不妊治療費助成金交付申請書(様式第1号)(PDF:90KB)

申請期限

特定治療期間の終了日の属する年度の末日、または埼玉県不妊治療費助成事業助成金支給決定通知書の通知日から60日を経過した日のうち、いずれか遅い日までに申請してください。

埼玉県不妊治療費助成事業のご案内

埼玉県では、不妊治療を受けた人を対象にその治療費に対し、助成を行っています。
詳しくは、ウェルカムベイビープロジェクト(こうのとり健診・不育症検査・早期不妊治療)関連事業(外部サイト)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

こども相談課 母子保健担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2771 ファックス:048-733-0220

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

妊娠・出産

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ