このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

犬を飼うときのルール・相談

更新日:2019年7月3日

マナーとルールを守って、人と動物が安全に共生できるまちづくりを。

目次

犬の登録などの手続き

犬を飼い始めた場合、登録などの手続きや毎年1回狂犬病予防注射を受けさせることが必要です。
詳しくは、下記リンクをご覧ください。

犬の飼い主のマナー

犬に関する意見が大変多く寄せられています。犬を飼うときは必ずルールを守りましょう

  • 散歩に出掛ける前に、家でトイレを済ませる習慣をつけましょう
  • 散歩時にしてしまったふんは必ず持ち帰り、尿は水で洗い流しにおいが残らないようにしましょう
  • 他人の家の前などで、ふんや尿をさせないようにしましょう
  • 散歩時は必ずリードにつなぎましょう
  • 人に危害を加えないように安全な場所で飼いましょう
  • 適度に運動をさせ、無駄吠えをさせないようにしましょう

動物からの感染症に注意

動物から人に感染する病気を「動物由来感染症」と呼びます。
人も動物も重症になるもの、動物は無症状で人が重症になるものなど、病原体によってさまざまなものがあります。
動物由来感染症の感染予防のためには、過剰な触れ合いは控え、手洗いなどの一般的な衛生管理を行い、感染リスクを下げることが重要です。詳しくは、下記の埼玉県のホームページを参考にしてください。

犬の放し飼いの禁止

放し飼いの状態では、犬が人や他の犬をかんだり、他の人の敷地内に侵入しふん尿をしたり、交通事故に遭い負傷もしくは死んだりする可能性が非常に高くなります。また、飼い主にとってはおとなしい犬でも、子どもなど他の人は怖いと感じることがあります。他の人の生命、体または財産に害を加えることのないように、犬は常に係留してください。

犬の放し飼いは、埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例により、禁止されています。

犬にかまれたら

  • 速やかに医師の手当てを受けてください
  • 犬の飼い主がいるときは、名前や住所を聞いておいてください
  • 必ず春日部保健所へ連絡してください
    埼玉県春日部保健所(電話:048-737-2133)

犬の苦情相談

犬に関する苦情相談は、春日部保健所へ連絡してください。

埼玉県春日部保健所(電話:048-737-2133)

犬猫を10頭以上飼っている人へ

犬・猫(生後90日以内のものを除く)を合計で10頭以上飼養する人は、「埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例」より、埼玉県知事への届け出が必要です。

絶対に犬を捨てたり、虐待するのはやめましょう

最後まで飼うこと(終生飼養)が飼い主の責任です。やむを得ず飼い続けることができなくなった場合は、絶対に捨てずに新しい飼い主を探してください。
犬を捨てたり虐待することは「動物の愛護及び管理に関する法律」により禁止され、違反すると懲役や罰金に処せられます。

行方不明の犬を捜している飼い主へ

犬猫の譲渡

埼玉県動物指導センターでは、収容した犬猫の一部を県民の皆さんに譲渡しています。詳しくは、埼玉県ホームページ(外部サイト)、または埼玉県動物指導センターホームページ(外部サイト)をご覧ください。

お問い合わせ

環境政策課 環境衛生担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7719 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ