このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「えせ同和行為」に注意しましょう

更新日:2019年4月1日

「えせ同和行為」とは、同和問題の解決を口実に、個人、企業、行政機関などに対して「図書等物品購入の強要」や「寄付金・賛助金の強要」など、不法・不当な行為や要求をすることを言います。
このような行為は、要求を受けた人が被害に遭うだけでなく、同和問題に対する誤った認識を植えつけ、新たな偏見や差別意識を生む要因となり、同和問題の解決のために多くの人々が積み重ねてきた人権教育や啓発活動の効果を覆す許されない行為です。

えせ同和行為は断固拒否しましょう

  • えせ同和行為の要求に応じる義務はありません
  • 購入する意思がなければ断りましょう(断る理由を言う必要はありません)
  • 不当な要求は断固として拒否し、終始、厳然とした態度で対応することが重要です
  • その場しのぎの対応は、かえって相手につけ込まれます(一度応じてしまうと相手につけ込まれます)

同和問題(部落差別)に関する正しい理解を深めましょう

同和問題とは、同和地区(被差別部落)に「住んでいる」あるいは「生まれた」ということを理由とした不合理な偏見により、結婚や就職、日常生活などの面で差別を受け、基本的人権が侵害されるという、日本の歴史の中で生み出され、現在もなお存在するわが国固有の重大な人権問題です。
同和問題に関する正しい理解を深めていくことも、えせ同和行為への対策です。
埼葛12市町では、「部落差別の解消の推進に関する法律」を踏まえ、同和問題の正しい理解が図られるよう、人権教育・啓発活動を推進しています。

関連情報

県内の相談窓口など、埼玉県で作成したPDF版「えせ同和行為対応の手引」が掲載されています。

えせ同和行為に関する状況や対応の手引き、啓発ビデオ・冊子などが掲載されています。

お問い合わせ

総務課 人権推進担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2418 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ