このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成24年度 ビビる大木さん活動報告

更新日:2018年4月1日

目次

平成25年1月20日「ビビる大木(びびるおおき)さん地元春日部での凱旋トークショーが盛大に開催されました」

平成25年1月20日、ララガーデン春日部イベントステージで、マルチタレントとして活躍しているビビる大木(びびるおおき)さんの初の書籍出版を記念したイベントが開催され、かすかべ親善大使でWBA世界スーパーフェザー級チャンピオンの内山 高志(うちやま たかし)選手と石川(いしかわ)市長がスペシャルゲストとして参加し、会場が一杯になるほどの観客でにぎわいました。

イベントでは、観客の悩み相談に対し、ビビる大木(びびるおおき)さん、内山(うちやま)選手がアドバイスし、石川(いしかわ)市長が勝者を判定する「お悩み大喜利対決」が行われました。
「好きになった女性へのアプローチへの仕方をどうすればよいか」という相談に、内山(うちやま)さんは「恋愛関係の質問は苦手で…」と硬派なイメージどおりの回答をし、ビビる大木(びびるおおき)さんは「僕もいっぱい振られましたが、草食系男子が増えてきている中、勇気を出して積極的に声を掛けて頑張りましょう」と明るいアドバイスを送りました。

時折「ビビる~」「内山(うちやま)さん」などの声援が会場に飛び交い、ビビる大木(びびるおおき)さんのユーモアを交えたトークと内山(うちやま)選手のボクシング魂のこもった熱い受け答えで、終始盛り上がりました。
トークショーの最後にはビビる大木(びびるおおき)さんが、石川(いしかわ)市長、内山(うちやま)選手、観客の皆さんから、晴れて「春日部の若大将」として認められ、「これからもかすかべ親善大使、春日部の若大将として、春日部を盛り上げていきたい」と話していました。

平成25年1月20日「ビビる大木(びびるおおき)さん地元春日部での凱旋トークショー」

テレビ、ラジオなどさまざまなメディアで活躍している、ビビる大木(びびるおおき)さんが、自身のいろいろな経験をもとに「知る見るビビる」「“好き”を仕事にするための77の極意」という2冊の本を発刊しました。これを記念し、ララガーデン春日部で、凱旋トークショーを開催します。
ビビる大木(びびるおおき)さんをふるさと春日部から応援していきましょう。

平成24年12月4日「ビビる大木(びびるおおき)の火曜Wanted(うぉんてっど)

ビビる大木(びびるおおき)さんが初の書籍を2刊発刊したことを祝って、石川(いしかわ)市長から送付したメッセージが、平成24年12月4日放送のTBSラジオ「ビビる大木の火曜Wanted」で紹介されました。

ビビる大木(びびるおおき)さんは昨年に引き続き、今年も年間で6位の出演本数を誇る人気タレントであり、かすかべ親善大使としてメディアを通じたPR活動に貢献しています。 これからも、お笑いタレント、司会、パーソナリティーをはじめ、執筆など幅広い活動の中で春日部市の元気を発信してくれることを期待しています。

平成24年4月2日「新番組 赤江珠緒たまむすび」で春日部の魅力を紹介

ビビる大木(びびるおおき)さんが何度となくふるさと春日部を紹介し、石川(いしかわ)市長も電話で出演したラジオ番組「小島慶子キラ☆キラ」が平成24年3月末に終了し、4月から「赤江珠緒たまむすび」(メインパーソナリティは赤江 珠緒(あかえ たまお)さん)として生まれ変わりました。

石川(いしかわ)市長は新番組のスタートを祝するとともに、ビビる大木(びびるおおき)さんの応援のためメッセージを送りました。ビビる大木(びびるおおき)さんは、早速、番組内で、春日部駅西口の1キロにわたる藤棚や、4月29日に開催される「春日部藤まつり」、樹齢1,200年の天然記念物「牛島のフジ」など春日部の魅力を紹介していました。

これからも月曜午後のひと時に、楽しい話で全国に元気を発信してくれることでしょう。

お問い合わせ

シティセールス広報課 シティセールス推進担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2175 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

かすかべ親善大使 ビビる大木さん

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143

かすかべスタイル「+1な日々」

Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ