このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

かすかべ親善大使 増村 紀一郎さん

更新日:2018年8月7日

重要無形文化財保持者(人間国宝) 増村 紀一郎(ますむら きいちろう)さん

写真:増村紀一郎さん

かすかべ親善大使としての活動報告

経歴

漆芸家の父、益城(ましき)氏の長男として東京都豊島区に生まれる。
東京藝術大学大学院を修了し、平成9年東京藝術大学美術部教授へ就任。
正倉院宝物「御袈裟箱(おんけさのはこ)第一号」を復元する。
平成14年には紫綬褒章を受章し、平成20年に「きゅう漆」(注意)の分野で親子二代にわたり、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
市内に20数年在住し、きゅう漆はもちろん、市の芸術文化と伝統的工芸品(桐タンス)の振興に多大なる尽力をしている。
東京藝術大学名誉教授、日本文化財漆協会理事長。
平成20年10月1日に春日部市市民栄誉賞を受賞。
平成24年瑞宝中綬章受賞。
平成25年~平成27年、春日部市立病院における新病院アートワーク検討会議座長を務める。

(注意)「きゅう漆」とは…漆塗りを主とする漆芸技法で、素地の材料選択、下地工程を経て、上塗り、仕上げ工程へ至る幅広い領域にわたり、漆芸の根幹となる重要な技法

かすかべ親善大使インタビュー(広報かすかべ平成22年12月号から)

春日部市の第一印象

23年前に東京都豊島区から春日部市へ転入してきたときに感じたのは「カエルの鳴き声」です。今では考えられませんが、家の前にある田んぼで、田植えから稲刈りまで、お米のできる様子を家族で観察することができました。

まちの雰囲気

都市化した地域と、食を支える農地など自然が多く残った地域とのバランスがとれていると思いますよ。また、住みやすく、市内に多くの彫刻があり文化的なまちでもあります。

将来のまちづくり

さらに洗練されたデザインの建物や公園を整備して、高齢者や子どもたちに安らぎを与えてくれるまちになってほしいと思います。

今後の抱負

長年、東京藝術大学で美術を教えてきた経験と知識を生かして、今後も春日部市のために協力していきたいです。

お問い合わせ

シティセールス広報課 シティセールス推進担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2175 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143

かすかべスタイル「+1な日々」

Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ