このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

環境政策推進課:【第450号】旧倉松川排水機場外6施設で使用する電気調達

更新日:2017年10月6日

環境政策推進課:【第450号】旧倉松川排水機場外6施設で使用する電気調達

表:春日部市告示第450号
公告 制限付一般競争入札(ダイレクト型)を施行するので、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の6の規定に基づき次のとおり公告する。
公告日

平成29年10月6日(金曜日)
春日部市長 石川 良三

(1)公告件名

旧倉松川排水機場外6施設で使用する電気調達

(2)履行場所 春日部市樋堀445番地2外
(3)概要

旧倉松川排水機場外6施設が使用する電気を供給する。

(4)期間 平成30年4月1日(日曜日)~平成31年3月31日(日曜日)
(5)予定価格

29,433,889円(消費税および地方消費税の額を含む)

(6)最低制限価格

設定しない

(7)入札参加に必要な格付等級など
  • 平成29・30年度春日部市物品売買等競争入札参加資格者名簿に「電力」の業種に登録があり、次の条件を満たす者。
  • 電気事業法第2条の2の規定に基づき小売電気事業者の登録を受けている者。
  • 春日部市電力の調達に係る環境配慮方針第4条による入札適合者である者。
(8)仕様書・契約書
(9)支払いの条件 月額払い
(10)単価契約における注意事項 各料金単価をもとに積算し、その合計額をもって落札候補順位を決定し、契約は単価契約とする。
(11)公告事項 次の公告事項を必ず参照すること。

春日部市告示第450号の公告事項

1.入札の方法

入札後審査方式制限付一般競争入札(ダイレクト型)で行う。

2.郵便入札

入札書の提出は、郵送によるものとする。

3.入札手続きに関する関係書類

(注意)入札書などに不備があると、無効もしくは失格になりますので、必ず、「郵便入札のチェックシート」で入札書などに不備がないか確認の上、入札に参加してください。

4.入札に参加できる者の形態

単体業者とする。

5.入札に参加する者に必要な資格

平成29・30年度春日部市物品売買等競争入札参加資格者名簿に登載され、次の要件を満たすものであること(入札公告日を基準日とする)。
(1)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しない者であること。

(2)春日部市契約規則(平成17年規則第126号)第15条の規定により入札の参加資格の排除を受けていない者であること。

(3)この案件の公告から開札までの期間に、春日部市の契約に係る入札参加停止等の措置要綱に基づく入札参加停止措置を受けていない者であること。

(4)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申し立てがされている者でないこと。ただし、手続き開始決定を受けている者を除く。

(5)民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申し立てがされている者でないこと。ただし、手続き開始決定を受けている者を除く。

(6)上記公告中「(7)入札参加に必要な格付等級など」の条件を満たしていること。

6.現場説明会

現場説明会については行わない。

7.入札などの日程

表:7.入札などの日程
手続きなど 期間・期日・期限 場所
設計図書などの閲覧

平成29年10月6日(金曜日)から
平成29年11月13日(月曜日)

春日部市公式ホームページ
質問書の受け付け 平成29年10月17日(火曜日)必着

郵便番号〒344-8577
春日部市中央六丁目2番地
春日部市役所環境経済部環境政策推進課へ『書留郵便』で郵送(窓口に直接持参は認めない)

回答書の閲覧

平成29年10月23日(月曜日)から
平成29年11月13日(月曜日)

春日部市公式ホームページ
入札書の提出期限

平成29年11月5日(日曜日)以降の発送
平成29年11月13日(月曜日)必着

郵便番号〒344-8799
春日部郵便局留で書留郵便で郵送
(春日部市役所環境経済部環境政策推進課)と表記する
(注意)入札書などに不備があると、無効もしくは失格になりますので、必ず、「郵便入札のチェックシート」で入札書などに不備がないか確認の上、入札に参加してください。

開札日時 平成29年11月14日(火曜日)午後3時

春日部市役所第3別館入札室

入札参加者が立ち会いを希望する場合は、1社1人までとする。なお、立ち合いをする者は名刺を持参すること。
入札結果の公表 落札者決定後

春日部市公式ホームページ
市役所別館1階 市政情報室
庄和総合支所2階 市政情報室

8.入札に関する注意事項

(1)入札参加者が1人の場合においても入札を執行する。

(2)入札書の提出

ア.郵便で提出する。郵便封筒は二重封筒とし、入札書と内訳書を中封筒に入れ、封緘の上、入札者の名称、入札に係る案件名および開札日を表記し、外封筒には入札書を同封した中封筒を入れ、表に開札日と入札書在中の旨を記載し、局留め書留郵便とする。なお、入札書に記載する日付は、公告に掲載されている入札書提出期限日を記載すること

イ.入札参加者は、すでに提出した入札書の差し替え、変更および取り消しをすることができない

(3)入札書に記載する金額

ア.入札参加者は、一切の諸経費を含めた総価を見積もること。入札書には、課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、総価の108分の100に相当する金額を記載してください。なお、算定にあたっては、内訳書に記載の各料金単価を根拠とし、本市が提示する仕様書別紙3の予定契約電力及び予定使用電力量の全施設合計、力率を基に算出した各月の対価の12か月分の合計(税抜)とします。
落札決定にあたっては、入札書に記載された金額に、当該金額の100分の8に相当する額を加算した額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた金額)をもって落札価格とします。
イ.内訳書には、入札参加者において設定する契約電力に対する単価(基本料金単価、年間を通しての単価)及び使用電力量に対する単価(電力量料金単価、月別又は時間帯別に異なる単価を使用する場合はそれぞれの単価)を記入し、各料金単価は各月ごとに記載してください。なお、この内訳書の書式は、事業者が任意に作成することができますが、参考として別に添付します。また、この内訳書における金額の記載方法については、次の通りとします。
1「契約電力に対する単価」及び「使用電力量に対する単価」は、1円未満の端数を保有した金額とできる。
2「契約電力に対する単価」及び「使用電力量に対する単価」を基にした各月の金額に1円未満の端数が生じた場合は、1円未満の端数を切り捨てた金額をその月の金額とする。
なお、これらの単価に含めることができないような割引等を行う場合には、別に項目を作って記載してください。こうした項目も、これらの単価と同様に各月ごとに記載してください。

(4)入札保証金

免除する。

(5)最低制限価格

設定しない。

(6)契約保証金

免除する。

(7)その他

落札とすべき同額の入札をした者が2人以上いるときは、くじを実施して落札候補者を決定する。

9.入札の無効

次の各号のいずれかに該当する入札は無効とする。

(1)入札の参加資格がない者がした入札

(2)明らかに連合によると認められる入札

(3)入札書に入札者の記名押印のない入札または記入事項が判読できない入札

(4)入札金額そのほかの記載事項の訂正、削除、挿入などをした場合において、その訂正印がない入札

(5)ひとつの案件について同一の者が2以上の入札をした場合、またはその代理人のした入札と合わせて2以上の入札をしたときは、その全部の入札

(6)郵便入札において、入札書を中封筒に入れず、直接、外封筒に入れたもの

(7)上記のほか、次のいずれかに該当する入札は、開札までの間は無効とし、開札後は失格とする
ア.指定した日時に内訳書の提出のない入札
イ.入札書と異なる内訳書が提出された入札
ウ.郵便入札において、案件名の錯誤がある入札
エ.郵便入札において、入札書と当該入札書を同封した中封筒に記載された案件名が異なる入札
オ.郵便入札において、入札公告などに指定された提出先と異なるところに提出された入札

(8)そのほか入札条件に違反した入札

10.その他

(1)この公告に定めるもののほか、当該案件に係る入札・契約手続きについては、春日部市契約規則、春日部市入札後審査方式制限付一般競争入札(ダイレクト型)執行要領の定めるところによる。規則および要領、契約約款などについては、こちらの『共通:契約関係の規則など』のページからダウンロードすることができる。

(2)提出された確認資料などは返却しない。

(3)仕様書などの公告事項に不明な点がある場合には、公告中に規定された時間・方法によってのみ、質問をすることができる。それ以外の時間・方法によってした質問、また春日部市物品売買等競争入札参加資格者名簿に登載されていない者のした質問については、一切回答しない。

(4)入札参加者は、入札後、この公告、設計図書などおよび現場などについての不明ならびにそのほかの事由を理由として、異議を申し立てることはできない。

(5)開札後の流れ

  • 【開札日当日】
    開札後、一番札の業者は即時に落札者とはならず、落札候補者となります。
  • 【開札日当日~翌日以降】
    落札候補者となった業者に対して、電話でその旨を連絡し、審査に必要な書類(春日部市電力の調達に係る環境配慮方針(平成29年4月1日施行)第6条に基づく報告書)等の提出を求めます。
    その後、提出された書類を基に、設定した制限に適っているかなどを審査し、落札者としての要件を具備していると判断されれば落札者となります。
    なお、審査の結果によって、一番札の業者が失格となった場合には、二番札の業者が繰り上がって落札候補者となり、同様に審査書類の提出を求め、審査を行います(これを、落札者が決定するまで繰り返します)。
    落札者が決定したら、再び連絡をしますので、指示のあった日付に春日部市役所 第三別館1階 環境経済部 環境政策推進課窓口へお越しください。

(6)入札結果の公表
原則として、開札日から二週間以内を予定しています。
入札後審査方式で行われた入札については落札者が開札後に即時決定とはなりません。そのため、入札結果の公表時期についても、落札者決定に時間を要した場合には、遅れる場合があります。

(注意)公告の内容について、規定の期間・方法以外で行われた質問については、一切お答えできません。

物品 20171006 20171114 環境政策推進課

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境政策推進課環境政策推進担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7717 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

入札公告

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ