このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

春日部のインバウンドの未来を考えるワークショップを開催しました

更新日:2017年11月20日

写真:ワークショップタイトルを描いた模造紙

平成29年11月1日、日本政府観光局が主催する「春日部市のインバウンドの未来を考えるワークショップ」と題した会議が、市の協力により市民文化会館で開催されました。春日部市は、全国10カ所の開催地の中で先頭を切ってのキックオフ都市となりました。
このワークショップの目的は、現在のインバウンド(訪日外国人旅行者)を取り巻く環境や、春日部市のこれまでの取り組みを踏まえながら、地域の人々が共に知恵を出し合い、インバウンドプロモーションの方向性や計画につながるような具体的なアイデアを創出するというものです。当日は、特産品協議会を始めとして、商工関係団体や連携協定大学、市民活動団体、国際交流団体、地域メディアなどの各分野から約40人が出席しました。
ワークショップでは6つのグループに分かれて、春日部の観光コンテンツとターゲットとする外国人の設定、それをプロモーションしていく手法について活発に意見交換し、その結果を発表しました。
参加者からは、「いろいろな業種の人が集まったので、一人では思いつかないようなアイデアが出てきて良かった」「今、春日部にあるもので具体的に何かできるような気がします」「自分がやっていることに外国人が呼び込めればいいなと思います」などの感想が聞かれました。今後は、このワークショップをきっかけとして、インバウンドの波が春日部の未来につながっていくことが期待されます。

各グループのワークショップ結果

  • 「スプリング・デイ」:押絵羽子板をPR(動画、SNS、ブログでプロモーション)
  • 「株式会社 BEBE(べべ)」:龍Q(きゅう)館、体験、ラーメンをPR(面白動画と有名ユーチューバーでプロモーション)
  • 「株式会社 ウィステリア」:藤(まつり、花、うどん)と龍Q(きゅう)館をPR(WEB広告と動画でプロモーション)
  • 「株式会社 オニギリ」:アグリツーリズム in Kasukabe おにぎりづくり体験とグランピング(WEB、SNS、ブログでプロモーション)
  • 「株式会社 麦わら」:麦わらルートをPR(人気ライター記事と現地ブロガーの体験ムービーでプロモーション)
  • 「株式会社 MINTYS(みんてぃーず)」:ララガーデン、伝統産業、龍Q(きゅう)館、道の駅庄和をPR(動画やSNSでプロモーション)

当日の様子を市役所で展示しています

ワークショップの様子やグラフィックレコーダー(会議やワークショップなどで絵や図を効果的に使った記録)による会議の記録は、平成29年12月1日(金曜日)まで、市役所1階の市民ホールに展示しています。

お問い合わせ

商工観光課観光振興担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7756 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

ピックアップニュース

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ