このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

姉妹都市フレーザーコースト市で春日部をPR

更新日:2019年8月16日


春日部市のPRのため一生懸命説明中

春日部市では平成26年にオーストラリア・クイーンズランド州・フレーザーコースト市と姉妹都市協定を締結し、令和元年度は5周年の記念すべき年となります。そのため両市の良好な姉妹都市関係をアピールするとともに、春日部市の魅力をPRするため、フレーザーコースト市を訪問し、令和元年8月3日にPRイベントを行いました。
イベントは、毎週フレーザーコースト市で行われている「ピアパークコミュニティマーケット」で、春日部市国際交流協会が中心となって、種村(たねむら)副市長、金子(かねこ)市議会議長、山崎(やまざき)(注意: 崎の字は、正しくは大の部分が立の字)商工会議所副会頭を主体とした公式訪問団と、ホームステイ交流で訪問していた春日部市内の中学生・高校生44人による訪問団が協力して実施しました。
イベントでは、フレーザーコースト市のジョージ・シーモア市長とともに5周年を祝した記念式典を行うとともに、春日部の中学生・高校生がフレーザーコーストの市民に声掛けして、持参した押絵羽子板や桐小箱のPRや春日部の紹介グッズの配布の他、手作り凧を一緒に作りました。
参加したフレーザーコースト市民からは、「春日部の文化について知ることができた」「楽しいイベントだから大歓迎」といった声があり、シーモア市長からも「春日部市との交流は素晴らしい。これからも大切にしていく」とコメントがありました。
運営した春日部の中学生・高校生も、慣れない英語を駆使しながら一生懸命フレーザーコースト市民に話し掛けて説明し、貴重な体験になりました。
ピアパークコミュニティマーケットでのPR活動を終えた後は、ホームステイ受け入れ家族や行政関係者、交流に功績のあった人々など、約200人の参加者が集まり、今回の訪問団を迎えてもらったフレーザーコースト市に感謝を伝える「感謝の集い」を行いました。
感謝の集いでは、準公式訪問団として訪問した琴奏者やコーラス団体の皆さんの日本らしい演奏とともに、午前中のイベントで使用した押絵羽子板や桐箱、凧などをフレーザーコースト市などに寄託し、引き続き春日部市のPRをお願いしました。
また、市内小学生などから募集した400通を超える未来の自分に宛てたメッセージを10年後にフレーザーコースト市からエアメールで届けるタイムカプセルも預けてきました。タイムカプセルは除湿性能に優れた春日部の特産品である桐箱で製作しました。
今回の訪問では、令和元年8月3日のイベントに合わせて春日部から77人が訪問し、フレーザーコースト市の皆さんと相互の市の魅力を認識するとともに文化理解を深めました。今後、この訪問を通して得た人と人のつながりや情報をもとに、これまで築かれてきた交流を更に充実しつつ、新たな分野での交流も視野に入れながら、両市の交流が長く実り多いものとなるよう努めます。
今後とも、両市の国際交流事業にご理解とご協力をお願いします。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

ピックアップニュース

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ