このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「梅田うまみごぼう」が市内小中学校に寄贈されました

更新日:2021年2月9日


右から、緑中学校 小林校長、石川市長、NPO法人 代表理事の清水さん、生産者の斎藤さん

令和3年2月2日、NPO法人 まちづくり協議会・元気塾から市内小中学校の一部に「梅田うまみごぼう」65キログラムが寄贈され、贈呈式が緑中学校図書室で行われました。
贈呈式には、NPO法人 まちづくり協議会・元気塾代表理事の清水(しみず)さん、生産者の斎藤(さいとう)さん、石川(いしかわ)市長、緑中学校 小林(こばやし)校長が出席し、石川市長、小林校長は太く大きく成長した「梅田うまみごぼう」を受け取りました。
「梅田うまみごぼう」は、古利根川の恩恵で作られた粘土質の層と砂地の層のある春日部の梅田地区で育ったゴボウで、通常のゴボウよりも太く、柔らかく、うまみが多く含まれています。生産者の斎藤さんは、市長からの生産方法に関する質問に対し、地中深く根を張る太くて大きいゴボウは、ショベルカーでないと収穫できないなど、「梅田うまみごぼう」ならではの苦労話をしていました。
贈呈式では、清水代表理事から、昭和40年以降途絶えていた生産が平成25年に元気塾で復活し、開始当初50キログラム程度だった生産量が2,000キログラムにまで伸びている話や、これまで学校給食に「梅田うまみごぼう」を積極的に取り入れてきた話、今後は、春日部の名物にしていきたいとの意気込みの話などがあり、これを聞いた石川市長は、上手にタイアップして、積極的にPRしていきたいと話しました。
贈呈された梅田うまみごぼうは、令和3年2月2日の春日部地域の中学校(9校)で、みぞれ汁の具材で使用されました。

お問い合わせ

学務課 給食担当
所在地:〒344-0132 春日部市神間647番地
電話:048-748-0788 ファックス:048-748-0789

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ