このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

夏~秋、緑あふれる公園の一隅を艶(あで)やかに彩るサルスベリ(令和元年8月29日)小倉特派員

更新日:2019年9月4日


水遊びの一家や散歩する人々を見守るサルスベリ

やっと秋晴れとなった8月29日、サルスベリを撮りに庄和総合公園を訪れました。同公園には、あちらこちらに10本を超える大きなサルスベリが育っていて、季節ごとに濃い緑の葉や美しい花、黒い実などで、散策する大人や走り回る子どもたちを和ませてくれます。今回の私の目当ては、その中で最も開花が早かった、遊具広場の一隅に立つ一本でした。このサルスベリは、梅雨明けから酷暑の夏を咲き継いでいよいよ花の最盛期を迎え、周囲一面の緑の中でひと際目立つ艶やかな花を、枝先がしなるほどに咲かせていました。

サルスベリは、江戸時代初期に中国から渡来し、つやのある濃い緑の葉とピンクや白、紫などの艶やかな花を長期間咲かせることから、庭木や公園木として急速に全国に広がったようです。
花期は、7月~9月ですが、花の少ない炎暑の季節でも旺盛に咲き続ける数少ない花で、夏を代表する花木の一つです。個々の花は2日~3日で散りますが、次々に新しいつぼみが咲き継いでいくため、長期間咲いているように見えます。それが、別名の「百日紅(ひゃくじつこう、さるすべり)」の由来です。

花言葉には、「雄弁」「愛嬌(あいきょう)」「あなたを信じる」などがあります。また、昭和4年から8年間、現・春日部高等学校で教鞭(きょうべん)をとった人間探究派の俳人・加藤 楸邨(かとう しゅうそん)に、<百日紅(さるすべり)片手頬にあて妻(ねむ)る>の一句があります。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

かすかべ特派員だより

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ