このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

“ペットと防災”について改めて考える(令和元年9月10日)小倉特派員

更新日:2019年9月13日


展示会場

毎年9月20日~26日は、動物愛護週間です。それに先立って、ふれあいキューブ4階の市民活動センター「ぽぽら春日部」で9月1日~28日まで開催の「ペットと防災展」(主催:市民活動団体・しっぽとかぞく)を訪れました。

会場の展示ボードには、地震や風水害の実例や被災者とペットに生じるさまざまな問題、それに備えるための日頃の心構えや備えるべき事柄などが、所狭しと掲示されていました。その具体的な内容、丁寧な記述、そして心和ますイラストなどからは、これを全て手作りした主催者の、ペットたちへの深い愛情や人々に伝えようとする熱意が伝わってきました。展示の一部を写真で紹介します。

しっぽとかぞく代表の山本 夏聖(やまもと かいせい)さんに、こうした活動の原点をお尋ねすると、「幼い頃から自然と生き物が大好きで、傷ついたハトを家に連れ帰ったり、友人の親が飼い犬を捨てようとした時、友人と一緒に家出して抗議するような子どもでした」 「東日本大震災の時、木につながれたままその木を必死にかじりながら餓死した牛や野犬化せざるを得なかったペットたちの映像を見たり、ペットを助けに家へ戻ったばかりに亡くなられた方々がいたことを知って涙した経験などです」と語ってくれました。

災害はいつどこで起きるか分かりません。人に限らずペットも被災します。やや薄れがちだった防災やペットとの向き合い方を、改めて考えさせてくれた「ペットと防災展」でした。
問い合わせ先:山本 夏聖(やまもと かいせい)(電話:080-1114-3737)


同行避難時に必要なケージ(手作り例)

写真:ペットとの同行避難に関する展示
ペットとの同行避難

写真:非常時に役立つ「迷子札」の装着に関する展示
非常時に役立つ「迷子札」の装着

写真:大切な日頃からの備えに関する展示
大切な日頃からの備え

写真:避難場所の備えに関する展示

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

かすかべ特派員だより

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ