このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

彫刻の少女たちにも会える、学校通りの紅葉(令和2年11月9日)小倉特派員

更新日:2020年11月16日


教育センター前から4号線方向を望む

紅葉前線は、列島を南下しつつ、山頂からふもとへと降りてきます。気温が高かったせいか、今年の紅葉は平年より遅いようです。久しぶりに帰省した故郷では、美しい秋色が自粛生活の憂さを晴らしてくれました。

帰宅翌日の11月8日、秋口から気になっていた学校通り(4号線・女子高入口交差点~粕壁小交差点までの約420メートル)の街路樹を見に行くと、ちょうど紅葉の見頃を迎えていました。運よく秋晴れとなった9日午後、通りを往復しつつ、傾き始めた日差しを浴びて美しく輝くケヤキやイチョウ、ハナミズキやモッコクなどの紅葉を撮らせてもらいました。なお、学校通りの全長は、元商工振興センター前の交差点までの680メートルです。

この区間では、“彫刻のあるまちづくり”の一環として設置された3体の彫刻を間近で鑑賞できます。一つは、教育センター入口脇の「小さな花」(黒川(くろかわ) 晃彦(あきひこ))で、彫刻と周辺の空間、鑑賞者が一つになれるように願って制作された、花の小鉢を持つ少女が腰掛ける像で、作品の一部であるベンチは、座ってもいいそうです。二つ目は、隣の粕壁小学校校舎脇の「春風」(齋藤 馨(さいとう かおる))で、長い冬が過ぎ、ようやく訪れた春を、両手を広げて胸いっぱいに迎える女性像です。三つ目は、教育センター内のホールに置かれた「巣立ち」(加藤(かとう) (ゆたか))で、少女の指先から今まさに小鳥が飛び立とうとする像です。

秋に入り日光が徐々に弱まって気温が低下すると、光合成で得られるエネルギーが減るため木々は葉を維持できなくなり、やがて自ら落葉します。その間、葉の色が緑から黄や赤へと変化していく過程が“紅葉”です。この美しい紅葉は、冬を乗り越えて来春再生するための、大自然の営みの一こまなのです。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ