このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

登録統計調査員を募集しています

更新日:2017年3月27日

春日部市では、国、県、市が実施する統計調査に従事する登録統計調査員を随時募集しています。
統計調査員が回収した調査票は「統計」としてまとめられ、統計調査の結果として世の中に公表され、国や地方公共団体から民間まで広く利用されています。このため、統計調査員一人一人の取り組みは、統計の信頼性や正確性を左右することとなり、統計調査の結果を利用して実施される施策の方向性にも影響を与えることになります。このように、統計調査員の役割は非常に重要です。
留意事項
統計調査によっては、必要とする調査員の人数が少ない場合もあり、登録された人全員に毎回仕事をお願いするとは限りません。また、調査員業務は統計調査ごとに発生し、年間を通じて従事する形態ではありませんので、定期的な収入は見込めません。

登録統計調査員とは

登録統計調査員とは、統計調査が実施される際、市や県が調査の諸条件を考慮し、迅速かつ適正に統計調査員を選定・推薦することで、統計調査が円滑に行えるよう、事前に登録しておく統計調査員のことです。統計調査員として働くには、まず登録が必要となりますので、以下に掲載してある「登録の資格」や「調査員の仕事」などをご確認し、申し込んでください。実際の調査業務は、統計調査が実施される都度、市や県が登録統計調査員へ調査業務受諾の可否を確認したうえで、上部の行政機関へ推薦したのち、任命権者から調査員として任命されてからになります。

登録の資格

登録の資格は、以下のとおりです。詳しくは、お問い合わせください。

  1. 満20歳以上の心身とも健全な人
  2. 統計に関し理解と熱意を有し、責任を持って調査を遂行できる人
  3. 調査によって知り得た秘密を守ることができる人
  4. 警察・税務・選挙運動などの用務に直接関係がない人
  5. 暴力団その他反社会的勢力との関係がない人

主な業務内容と流れ

主な業務は、調査対象の世帯や事業所などに訪問し、調査票の記入依頼や回収などをすることです。
業務内容は調査ごとで多少異なりますが、おおまかな業務とその流れは次のとおりです。

  1. 統計調査の事務打合せ会(説明会)への出席
  2. 担当調査区の範囲と調査対象の確認、地図や名簿などの作成
  3. 調査票の配布および記入依頼(調査の趣旨や記入の仕方の説明)
  4. 記入された調査票の回収
  5. 集めた調査票の検査・整理
  6. 調査票などの調査関係書類を市へ提出

調査期間はおよそ2カ月~1年程度です(調査によって異なります)。

統計調査員の身分・報酬・補償・表彰

  • 国または県から任命された調査期間中の統計調査員の身分は、非常勤の公務員となります。ただし、仕事の特殊性から、一般の公務員とは異なり、営利企業に従事することもできますので、事業を営んでいる人や他に職を持っている人でも統計調査員になることができます
  • 統計調査員には調査活動に従事した対価として報酬が支払われます。報酬額は、調査ごとに調査活動にかかる日数・調査対象数などを考慮して定められます(1調査当たり、およそ3万円~7万円程度)
  • 統計調査員が調査活動中に交通事故などの災害に遭って負傷するなどした場合や、活動に起因した病気にかかった場合、公務員災害補償制度の適用により補償が受けられます
  • 多くの調査に従事し、調査実績が優秀な統計調査員は、国または県から表彰されます

登録の申し込み方法

情報システム課統計担当(春日部市役所1 第3別館2階)へ直接お申し込みください。申し込み時には簡単な説明と面談を実施します。申し込み時に必要な「春日部市登録統計調査員申込書」の様式は、以下のリンクからダウンロードできます。

登録時に必要なもの

  • 印鑑(認印でかまいません。浸透印は不可)
  • 「個人番号カード」または「マイナンバーの通知カードと本人確認書類(運転免許証など)」
  • 報酬を振り込みする口座番号の分かるもの(通帳など)

注意:振込先に「ゆうちょ銀行」を指定する場合は、通帳の「振込用の店名・預金種目・口座番号が記載された部分」のコピーを提出してください。

調査員が不足している地域

現在、以下の表に掲げる地域で、調査員が特に不足しています。

表:特に調査員が不足している地域一覧
地区名 特に調査員が不足している地域(大字)
粕壁地区 浜川戸1丁目、浜川戸2丁目、八木崎町
内牧地区 梅田本町、内牧
幸松地区 八丁目、不動院野、樋籠、新川
豊野地区 赤沼、銚子口、本田町1丁目、本田町2丁目
武里地区 備後西1~5丁目、一ノ割、一ノ割1~4丁目、武里中野、薄谷
豊春地区 谷原新田、上大増新田、下大増新田、増戸、新方袋、西八木崎1~3丁目
庄和地区 水角、赤崎、飯沼、米崎、永沼、下柳、上柳、上金崎、金崎、神間、榎、立野、椚、小平、下吉妻、上吉妻、西宝珠花、西親野井、塚崎、倉常、芦橋、木崎

調査の実施時期

平成33年度までに実施される主な統計調査の実施予定時期は、以下の表とおりです。

表:調査実施予定時期一覧
統計調査名 実施周期 実施予定年度
国勢調査 5年周期 平成32年度

経済センサス基礎調査

5年周期 平成31年度
経済センサス活動調査 5年周期 平成33年度
住宅・土地統計調査 5年周期 平成30年度
就業構造基本調査 5年周期 平成29年度
全国消費実態調査 5年周期 平成31年度
農林業センサス 5年周期 平成31年度
商業統計調査(経済センサス活動調査の2年後) 5年周期 平成30年度
工業統計調査(経済センサス活動調査の実施年を除く) 毎年 平成29年度、平成30年度、平成31年度、平成32年度

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

情報システム課 統計担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1143 内線:7676 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ