MultiLingual

グローバルメニュー

春日部在住の画家、日本美を世界へ(広報2020年11月号掲載)沼野特派員

更新日:2020年10月29日


2020サロン・ドートンヌ入選作品「子育狐聖火の祈り」


作品「家路」

市内在住の画家である大久保 信子(おおくぼ のぶこ)さんの絵画が、100年以上も続くフランスの国際公募美術展サロン・ドートンヌで2年連続入選しました。パリも認めた「春日部の空」に続き、今年は備後須賀稲荷神社にまつわる狐(きつね)伝説をモチーフにした作品です。大きな樹木に囲まれ、夜空が美しいこの神社は子育て稲荷ともいわれていて、子を思う親の気持ちが込められた温かな作品になっています。今秋フランスのパリで展示され、来年には日本に戻ってくるそうです。世界でのご活躍は同じ市民として誇らしいですね。
大久保さんの絵はアパレルブランドでも採用されファッションショーを開催したり、市内大型家具店ではインテリアに合わせた作品が展示されたりしています。「アーティストはアーティストを呼ぶ」という彼女の言葉が印象に残りました。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当

所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地

電話:048-736-1111

内線:2177

ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム