このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

り災証明書・被害届出証明書の交付

更新日:2018年7月13日

風水害、土砂災害、地震などの大規模な自然災害(火災を除く)による被害に対し、証明書を交付します。なお、火災による被害は、火災による り災証明交付申請書から確認してください。

被害届出証明書

り災証明の交付対象とならない自然災害による住宅の被害、動産(自動車・家財など)の被害、工作物(物置・塀など)の被害などを写真などで確認し、被災者から被害の届け出があった旨を証明するものです。この証明書は保険請求や公的申請などに必要な書類の代わりになる場合があります。

受付期間

特にありません。

受付場所

市役所別館1階 防災対策課

受け付けから交付までの日数

請求受け付けからおおむね1週間程度

請求に必要な書類

被害の程度が分かる写真(2枚~3枚。現像された写真)を提出してください。

対象となる被害例

  • 道路冠水に伴う床下浸水、床上浸水
  • 震度4程度の地震に伴う屋根瓦の破損や、塀の崩落
  • 積雪に伴うカーポートの破損

など

り災証明書

大規模な風水害、土砂災害、地震などにより、市内の広範囲で被害が発生し、国の災害救助法の適用となる災害となった場合に、家屋に被害を受けた人に、家屋の被害程度などを春日部市が証明する書類のことです。この証明書を発行するために、春日部市は被害認定調査を実施する必要があります。
被害認定調査前に、家屋の改修などを実施してしまうと、家屋の被害程度を証明することができなくなる場合がありますので、注意してください。
家屋の被害程度は「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」などです。

受付期間

災害発生からおおむね3カ月以内

受付場所

各公共施設(災害の規模に応じた場所に設置します)

受け付けから交付までの日数

災害の規模によりますが数週間以上を要する場合があります。

請求に必要な書類

対象となる被害例

  • 河川の決壊などに伴う洪水により、家屋が倒壊した場合
  • 震度6程度の災害救助法の対象となる被害が発生する大地震による家屋の傾き

など

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

防災対策課 防災対策担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2342 ファックス:048-733-3825

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ