このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

オンライン彩龍の川防災フェスタ

更新日:2021年11月20日

画像:オンライン彩龍の川防災フェスタ

主に首都圏外郭放水路を地域振興に生かすことを目的に活動していた市民団体(G-CANS(じーきゃんず))が主体となり、平成30年度まで庄和排水機場(龍Q館(りゅうきゅうかん))で「彩龍の川まつり」が開催されていました。今回、市民団体主体による開催が困難となったため、彩龍の川まつりの開催目的である「防災意識を高める」「首都圏外郭放水路のPR」を引き継ぎ「彩龍の川 防災フェスタ」としてリニューアルしました。
令和3年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催としました。
内容は、それぞれのリンク先をご覧ください。地下神殿への招待チケットや非常用持ち出し袋セットが抽選で当たるクイズもあります。

目次

最新災害ハザードマップ

「ハザード」とは「危険」という意味。ハザードマップとは、災害が発生した時に、危険と思われる場所や災害時の避難場所などの情報を地図上に表したものです。下の画像をクリックするとページに移動します。

画像:春日部市災害ハザードマップをリニューアルしましたへのリンク

「マイ・タイムライン」を作ろう

「マイ・タイムライン」とは水害時に自分が取るべき行動をあらかじめ整理しておくものです。「自分で作る」「自分のため」の避難プランです。下の画像をクリックするとページに移動します。

画像:なぜ「マイ・タイムライン」を作るのか(オンライン彩龍の川防災フェスタ)へのリンク

日々の訓練は安心を作る(消防本部の仕事)

消防本部は、各種災害から市民の日常を守るため、日々さまざまな活動をしています。下の画像をクリックするとページに移動します。

画像:消防本部の仕事(オンライン彩龍の川防災フェスタ)へのリンク

たくさんの力を借りて(災害時応援協定)

災害時には、市だけで対応できないこともあります。そのために、災害時の対応について事業者や関係団体と応援協定を結んでいます。下の画像をクリックするとページに移動します。

画像:災害時応援協定(オンライン彩龍の川防災フェスタ)へのリンク

災害時の備えはありますか クイズに答えて非常用持ち出し袋をゲットしよう

東日本大震災被災者1000人を対象としたアンケート調査では、約65パーセントが「防災セットの準備不足を後悔した」と答えています。クイズに答えて非常用持出袋をゲットしよう。下の画像をクリックするとページに移動します。

画像:災害時に必要な備えとは(オンライン彩龍の川防災フェスタ)へのリンク

春日部が世界に誇る首都圏外郭放水路 クイズに答えて地下神殿を見に行こう

私たちのまちを浸水から守ってくれている首都圏外郭放水路。その中に、通称「地下神殿」と呼ばれる場所があります。クイズに答えて首都圏外郭放水路の「地下神殿」を見に行こう。下の画像をクリックするとページに移動します。

画像:首都圏外郭放水路とは(オンライン彩龍の川防災フェスタ)

お問い合わせ

庄和総合支所 総務担当
所在地:〒344-0192 春日部市金崎839番地1
電話:048-746-1111 内線:7014 ファックス:048-746-4797

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ