このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

鉄道の連続立体交差事業に関連したまちづくりについて知りたいのですが

更新日:2018年4月1日

Q.ご質問

鉄道の連続立体交差事業に合わせて再開発や道路整備を行うことで、どのような事業効果があるのでしょうか。

A.回答

鉄道を高架化することで、鉄道によって分断されていたまちが一体化し、駅を中心として活性化されます。
これまで通れなかった駅部分や横断道路が整備され迂回(うかい)する必要が無くなり、まちの回遊性が向上します。事業により生まれる高架下空間を活用することにより、新たなまちづくりの可能性が広がります。また、踏切が除去されることで踏切渋滞を解消し、安全性が確保されます。
連続立体交差事業に合わせて周辺のまちづくりを行うことで、事業の効果が最大限に発揮され、まち全体がよりよく生まれ変わることにつながります。

お問い合わせ

鉄道高架整備課 鉄道高架担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:3525 ファックス:048-736-1974

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

よくある質問(まち・環境)

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ