このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第十一回特別弔慰金が支給されます

更新日:2020年4月21日

新型コロナウイルス感染拡大防止のため窓口混雑の緩和にご協力ください

受け付け開始(令和2年4月1日)から半年前後は、特に窓口の混雑が予想されます。
請求期間は、令和2年4月1日~令和5年3月31日(金曜日)の3年間となっていますので、感染状況を考慮し、請求してください。
なお、来庁の際は手洗いや(せき)エチケットを徹底し、風邪のような症状がある場合は来庁を控るなど、感染予防に協力をお願いします。

特別弔慰金の趣旨

戦後75周年の節目に当たり、令和2年4月1日から「第十一回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の請求受け付けを開始しています。
特別弔慰金は、先の大戦で公務などのため国に殉じた戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、国として改めて弔意を表すため、基準日(令和2年4月1日)において恩給法による公務扶助料・特例扶助料・戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金・遺族給付金などの受給権を有する遺族がいない場合に、それ以外の遺族のうち代表者1人に対して支給されるものです。

支給対象者

戦没者等の死亡当時の遺族で、令和2年4月1日(基準日)に「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」などを受ける人がいない場合に、次の順番で遺族1人に支給されます。

  1. 令和2年4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した人
  2. 戦没者等の子
  3. 戦没者等の父母・孫・祖父母・兄弟姉妹
    (戦没者等の死亡当時、生計関係を有していることなどの要件により、順番が入れ替わります)
  4. 上記1~3以外の戦没者等の3親等内の親族(おい、めいなど)
    (戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた人に限ります)

注意事項

  • 戦没者等の死亡後に出生した人は、特別弔慰金の対象になりません。ただし、子については、戦没者等の死亡当時の胎児も含まれます
  • 対象者が令和2年4月1日以降に亡くなった場合は、相続人による請求ができます

支給内容

額面 25万円(5年償還の記名国債)

請求期限

令和5年3月31日(金曜日)まで

請求期限を過ぎると第十一回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、注意してください。

請求方法

  • 請求期限までに、請求書類を市役所3階 生活支援課、または庄和総合支所2階 福祉・健康保険担当に提出してください。請求に必要な書類は同課で配布しています
  • 請求書類の提出は窓口の他、郵送でも受け付け可能です
  • 提出の際に戸籍書類などが必要です。詳しくはお問い合わせください

国債交付までにかかる期間

  • 請求書を受け付けてから国債交付までにかかる期間は1年前後です
  • 請求者の居住都道府県と審査裁定を行う都道府県(戦没者等の除籍時の本籍都道府県等)が異なる場合、更に期間を要することがあります

関連リンク

お問い合わせ

生活支援課 社会福祉担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2514 ファックス:048-733-0220

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ