このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

医療費の助成・自立支援医療制度(育成医療)

更新日:2018年4月5日

手術などの治療により、身体の疾患・障害を軽減させる医療費の一部を公費で負担します。

目次

対象者

18歳未満で、現在身体に障害があるか、または既存する疾病があってそのまま放置すると将来一定の障害を残すと認められ、手術などの治療により確実な治療効果が期待できる児童

主な適用例

  1. 肢体不自由…側弯症、水頭症 など
  2. 視覚障害…斜視、眼瞼(がんけん)下垂、白内障 など
  3. 聴覚・平衡機能障害…外耳道閉鎖、鼻咽喉閉鎖不全 など
  4. 音声・言語・そしゃく機能障害…口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)、扁桃肥大 など
  5. 心臓機能障害…心室中隔欠損、動脈狭窄 など
  6. 腎臓機能障害…慢性腎不全、水腎症 など
  7. 小腸機能障害…小腸軸捻転、ソケイヘルニア など
  8. 肝臓機能障害…胆道閉鎖症、肝硬変 など
  9. その他の内臓機能障害…気管支狭窄、尿道上下裂 など
  10. 免疫機能障害…抗HIV療法

指定医療機関

育成医療の対象となる治療を実施する医療機関は、あらかじめ指定されています。
指定された病院・調剤薬局などでのみ、この制度を利用できますので、注意してください。

手続きに必要なもの

  1. 自立支援医療費支給認定申請書(育成医療)
  2. 自立支援(育成医療)「世帯」調書
  3. 指定医療機関で作成した意見書(診断書)
  4. 健康保険証のコピー(受診者および同じ健康保険の加入者全員の写し)
  5. 印鑑
  6. 市町村民税所得課税(非課税)証明書(転入などにより春日部市で確認することができない場合のみ)
  7. 非課税世帯の場合、保護者の収入などが分かるもの
    (年金・手当などの支給額決定通知書、年金・手当などが振り込まれている通帳の写しなど)
  8. 受診者および保護者の個人番号カードなどの個人番号を確認できる書類

費用負担

原則として、かかった医療費の1割となりますが、前年の収入状況に応じて、負担額の月額上限があります。

表:市民税非課税世帯

一般 重度かつ継続
生活保護 負担なし 負担なし
低所得1
(収入80万円以下)
1割負担
(負担上限額2,500円)
1割負担
(負担上限額2,500円)
低所得2
(収入80万円超)
1割負担
(負担上限額5,000円)
1割負担
(負担上限額5,000円)
表:市民税課税世帯

一般 重度かつ継続
中間所得1
(市民税所得割3万3千円未満)
1割負担
(負担上限額5,000円)
1割負担
(負担上限額5,000円)
中間所得2
(市民税所得割23万5千円未満)
1割負担
(負担上限額10,000円)
1割負担
(負担上限額10,000円)
一定所得以上
(市民税所得割23万5千円以上)
育成医療対象外 1割負担
(負担上限額20,000円)

重度かつ継続の対象範囲

  1. 障害の種類:腎臓機能障害、小腸機能障害、免疫機能障害、心臓機能障害(心臓移植後の抗免疫療法に限る)、肝臓機能障害(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)
  2. 医療保険の高額療養費で多数該当の人

申請書などダウンロード

1.自立支援医療費支給認定申請書(育成医療)

2.自立支援(育成医療)「世帯」調書

3.自立支援医療(育成医療)意見書(診断書)

4.自立支援医療受給者証等記載事項変更届

5.自立支援医療受給者証再交付申請書

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

こども政策課 給付担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2580 ファックス:048-733-0220

お問い合わせフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ