このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

こども医療費

更新日:2017年10月1日

市では、子どもの保健の向上と福祉の増進を図るため、子どもの医療保険制度における医療費の一部負担金を助成しています。
なお、助成を受けるにはあらかじめ受給資格の登録が必要です。
出生や転入など、事由発生日の翌日から起算して15日以内に登録申請をすると、事由発生日から助成します。この期間を過ぎて申請した場合は、申請日からの助成となりますので注意してください。

目次

対象

15歳到達後、最初に迎える3月31日までの子ども

受給資格者

市内に住所があり、国民健康保険または各種社会保険などに加入している子どもの保護者

受給できない人

  • 重度心身障害者医療を受給している人
  • 生活保護世帯で医療券を持っている人
  • ひとり親家庭等医療費を受給している人(平成30年1月1日から)

登録方法

こども医療費受給資格登録申請書に必要事項を記入し、必要なものを持って、次の場所で受給資格の登録を行ってください。郵送も可能です。

  • 市役所1階 子育て支援課
  • 庄和総合支所2階 福祉課
  • 武里出張所

必要なもの

  1. こども医療費受給資格登録申請書
  2. 健康保険証(対象となる子どもの名前が記載されているもの)
  3. 預金口座の分かるもの(受給資格者となる保護者名義の預金通帳など)
  4. 受給資格者の個人番号カード(12桁のマイナンバー、顔写真付き)
  5. 4がない場合
    個人番号通知カード(12桁のマイナンバー、顔写真なし)および官公署が発行した顔写真付きの本人確認できるもの(運転免許証、旅券など)

助成内容

対象となるこどもの保険診療の一部負担金

医療保険制度で医療にかかった際に、医療機関に支払った一部負担金を「こども医療費申請書」に基づいて後日指定口座に振り込みます(振り込む額は、付加給付(ふかきゅうふ)・高額療養費などを除いた額です)。振り込み完了後に、振込通知書を送付します。

助成対象にならない場合

  • 保険診療外(差額ベッド代・おむつ代・健康診断など)
  • 入院時食事療養標準負担額
  • 他の公費助成制度などの対象になる場合(こども医療費の対象となる場合もあります)
  • 子どもが保育所、幼稚園または学校でけがなどをして、日本スポーツ振興センター「災害共済給付制度」などの対象になる場合

助成の時期

毎月15日までに申請された分を、翌月末に指定口座に振り込みます(診療月中に申請された分は、翌々月に振り込みます)。
高額療養費、付加給付(ふかきゅうふ)などに該当する場合は、支給が遅くなる場合がありますのでご了承ください。

申請期間(時効)

診療日時点でこども医療費の受給資格を有していた時の領収書(医療費の一部負担金)は、医療機関などに支払いをした翌日から5年以内に申請してください。5年を経過すると時効により支給ができません。

助成の申請方法

市内の指定医療機関で受診した場合

窓口での支払いはありません。

市内の指定医療機関とは

こども医療費の窓口払いの廃止に協力している医療機関です。指定医療機関証を掲示しています。

注意事項

  1. 受診時に保険証と受給者証を必ず提示してください。提示できない場合は、市内の指定医療機関以外で受診した場合と同様の申請が必要です
  2. 保険外・自費分・入院時食事療養標準負担額は自己負担となりますので、窓口で支払ってください
  3. 1つの医療機関で入院・通院別に月額21,000円以上の負担となった場合は、市内の指定医療機関以外で受診した場合と同様の申請が必要です。なお、複数回受診した場合は、すでに受診した分も一度、医療機関に支払ってください

市内の指定医療機関以外で受診した場合

1.または2.のどちらかの方法で申請してください。

  1. 医療機関の窓口で医療費を支払い、診療月の翌月以降にこども医療費申請書に領収書の原本を添えて、市役所1階 子育て支援課、庄和総合支所2階 福祉課、または武里出張所へ提出してください
  2. 医療機関の窓口で医療費を支払い、その際にこども医療費申請書を提出してください。医療機関から市役所に申請書が提出されます

注意事項

  • 1.の場合に添付する領収書(原本)には、必ず医療機関で「受診者名・保険診療総点数」の記載をしてもらってください
  • 2.の場合、証明手数料が掛かる場合があります。その場合は、1.の方法で申請してください
  • 高額療養費に該当する場合、付加給付などの制度がある場合は、加入している健康保険組合などで手続きをして、支給決定通知と領収書を用意の上、申請してください(高額療養費や付加給付などの制度、自己負担限度額の詳しい内容は、加入している健康保険組合などにお問い合わせください)

市外の医療機関で受診した場合

1.または2.のどちらかの方法で申請してください。

  1. 医療機関の窓口で医療費を支払い、診療月の翌月以降にこども医療費申請書に領収書の原本を添えて、市役所1階 子育て支援課、庄和総合支所2階 福祉課、または武里出張所へ提出してください
  2. 医療機関の窓口で医療費を支払い、こども医療費申請書に証明を受けて、市役所1階 子育て支援課、庄和総合支所2階 福祉課、または武里出張所へ提出してください

注意事項

  • 1.の場合に添付する領収書(原本)には、必ず医療機関で「受診者名・保険診療総点数」の記載をしてもらってください
  • 2.の場合、証明手数料が掛かる場合があります。その場合は、1.の方法で申請してください
  • 高額療養費に該当する場合、付加給付などの制度がある場合は、加入している健康保険組合などで手続きをして、支給決定通知と領収書を用意の上、申請してください(高額療養費や付加給付などの制度、自己負担限度額の詳しい内容は、加入している健康保険組合などにお問い合わせください)

変更などの届け出

次の場合は、市役所1階 子育て支援課、庄和総合支所2階 福祉課、または武里出張所へ届け出てください。

住所や加入保険(記号番号変更含む)、振込口座など登録している内容に変更がある場合

変更内容の分かるものを「こども医療費受給者証」と一緒に用意の上、必ず変更の手続きをしてください。

市外へ転出したとき、有効期間が切れたときなど

受給資格がなくなります。「こども医療費受給者証」を返却してください。

申請書ダウンロード

次のPDFをダウンロードして使用できます。

申請書の領収書欄に医療機関の証明をもらうか、医療機関発行の領収書(レシート)を月ごとに添付してください

破損の場合は、受給者証を回収します。紛失の場合は、本人を確認できるもの(健康保険証など)を用意してください

受給者証と、変更内容が分かるものを用意してください

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子育て支援課給付担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2577 ファックス:048-733-0220

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

子どもの手当て・医療費助成

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ