このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

鳥インフルエンザ

更新日:2019年1月24日

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥と濃密な接触をしない限り、通常は人に感染しないと考えられています。そのため、日常生活では、野鳥などの動物の排せつ物に触れた場合に、手洗い・うがいを適切にすれば、過度に心配する必要はありません。

死亡している野鳥を見掛けたら

野鳥が死亡する原因として、エサ不足や環境などの変化による衰弱死、あるいは壁などにぶつかって死亡するなど、病気以外でも死亡することがあります。そのため、死亡していても直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はないと考えられます。また、死亡した野鳥を片付ける際には、鳥インフルエンザに限らず、他の細菌などを持っている場合がありますので、素手で直接触らず、使い捨て手袋などを使用してください。

野鳥が密集して死亡しているのを見つけた場合

野鳥が密集して死亡している場合は、鳥インフルエンザや毒物などによる事件の可能性もありますので、県東部環境管理事務所(電話:0480-34-4011)へ相談してください。

お問い合わせ

環境政策課 環境衛生担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7719 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ