このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

防鳥ネットを利用してごみの散乱を防止しましょう

更新日:2020年4月1日

ごみの散乱を防ぐには、カラスなどから生ごみが見えないようにすることが一番効果的だと言われています。ごみ袋の中心に生ごみを入れ、周りを他の可燃ごみで包むようにして外から生ごみを見えないようにして捨てる方法も効果的です。また、防鳥ネットを使用するときは、カラスなどがごみを引っ張り出せないように防鳥ネットに隙間を作らないことが大切です。重りを置いたり、巻き込むように防鳥ネットをかぶせて隙間ができないようにしましょう。

集積所の利用者一人一人のちょっとした心掛けが散乱防止には大切です。引き続き、皆さんでごみの散乱防止や集積所の適正な維持管理をお願いします。

カラスなどによるごみの散乱

生ごみなどの可燃ごみを出す時に、防鳥ネットを使用している集積所では、防鳥ネットの使用方法が悪く、ごみをカラスや猫に散らかされてしまうことがあります。ごみが散乱していると衛生上や景観上の問題、また、散乱していることによりカラスなどがさらに集まってきてしまうなど周りの人の迷惑になります。

ごみを出す時は、ごみが防鳥ネットの中にしっかり入るよう捨てましょう。

一人一人の心掛けがごみの散乱防止につながります。

防鳥ネットの悪い使い方・良い使い方

防鳥ネットを使用していても、使い方が悪かったり間違ったりしているとカラスなどはごみを漁ってしまいます。
ごみが散乱することがないよう防鳥ネットの正しく効果的な使用をお願いします。

悪い例1 ネットの横に隙間がある

集積所の正面は重りでネットがめくれないようにしていますが、脇に隙間があるため、そこからカラスなどがごみを引っ張り出してしまいます。重りを使用する場合はどこにも隙間ができないよう、前面だけでなく、左右、裏面にも注意して重りを置きましょう。

悪い例2 ごみがネットに入りきらずはみ出てしまっている

どうしてもネットにごみ袋が入らない場合は生ごみが入っていない袋を外に置き、生ごみが入っているものはネットの中に入れるようにしてください。

良い例1 防鳥ネットに隙間ができないよう重りを置く

重りを置く場合は防鳥ネットに隙間ができないよう正面だけでなく、左右、裏面にも注意して重りを置いてください。

良い例2 外からごみが見えないようブルーシートをかぶせる

中身が見えないようブルーシートなどをかぶせると効果的です。

良い例3 防鳥ネットに重りをつける

防鳥ネットに重りを付けることで、ネットがめくれにくくなり、被害が防げます。

防鳥ネットの貸与

市では、カラスなどによるごみの散乱を防止し、地域の良好な生活環境を保全することを目的として、防鳥ネットの貸与(原則として20世帯に付き1枚)を行っています。 事業所は対象外です。

申請方法

  • 申請は市役所第三別館1階 リサイクル推進課、または庄和総合支所2階 総務担当で行えます
  • 申請書はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。防鳥ネット貸与申請書(ワード:36KB)をダウンロードするか、上記窓口にあります
  • 申請の際に認印が必要です

注意事項

  • 在庫が無くなり次第配布を中止する場合があります
  • 防鳥ネットは使用者で責任をもって管理してください
  • 防鳥ネットは歩行者および車両などの通行に支障をきたさない方法で使用してください
  • 防鳥ネットは、集積所の散乱防止以外のことに使用したり、第三者に対し譲渡、転貸などをしないでください
  • 防鳥ネットの使用などに起因して発生した事故および損害について、市は一切の責任を負いかねます

お問い合わせ

リサイクル推進課 リサイクル推進担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7737 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ