このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

入院時食事・生活標準負担額差額支給

更新日:2018年4月1日

入院時にやむを得ない理由で、限度額適用・標準負担額減額認定証を提示できなかった場合の手続きです。
限度額適用・標準負担額減額認定証を提示した場合と実際に支払った食事代、または生活療養費との差額の支給申請ができます。

やむを得ない場合の具体例

  • 緊急的に入院し、すぐに減額認定申請ができなかった場合
  • 減額認定申請を行うことができる人がいなかった場合
  • 所得更正で負担区分が変更となった場合

申請方法

入院時食事・生活療養標準負担額差額支給の申請を希望する旨を、申請窓口でお知らせください。

申請窓口

  • 市役所1階 国民健康保険課 後期高齢者医療担当
  • 庄和総合支所2階 福祉・健康保険担当

持ち物

  • 保険証(被保険者証)
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 入院時にかかった医療費の領収書(原本)
  • 本人の印かん(朱肉を必要とするもの)
  • 本人名義の振込先口座がわかるもの(通帳など)

本人以外の口座への振り込みを希望する場合、別途ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委任状(PDF:50KB)の提出が必要です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

国民健康保険課 後期高齢者医療担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2782 ファックス:048-738-4456

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ