このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

消費生活相談

更新日:2020年7月15日

市では、消費生活に関する苦情や相談に対し、消費生活アドバイザーなどの資格を持つ専門の相談員が相談を受けています。
費用は無料ですので、気軽に相談してください。

目次

とき

毎週月曜日~金曜日(祝日・休日、年末年始を除く)
午前10時~午後4時(正午~午後1時を除く)

ところ

市役所別館3階 消費生活センター

対象

市内在住・在勤・在学者

費用

相談は無料、秘密は守ります。

利用方法

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当分の間、まずは電話相談を利用してください。
電話をかける際には、契約書やチラシ、商品広告のホームページ画面など契約内容の分かる書類、現在までの経過を時系列でまとめたメモなどを手元に用意してください。
市役所(電話:048-736-1111)に電話の上、「消費生活相談(内線2830)を利用します」と伝えてください。

消費者ホットライン

消費生活センターなどの消費生活相談窓口の存在を知らない消費者に、お近くの消費生活相談窓口を案内することにより、消費生活相談の最初の一歩をお手伝いするものです。
局番なし電話:188(いやや)へかけてください(音声ガイダンスに従ってお住まいの郵便番号を入力することにより最寄りの相談窓口につながります)。

主な相談内容と対処法

以下の内容は、消費生活相談に寄せられる相談の一例です。

架空・不当請求

架空の未払い金の督促を行う詐欺手法です。
何らかのサービスの料金が未払いである旨を、郵便や電子メールなどで通告する他、ウェブサイトにアクセスしただけで「登録されました」などと表示され請求画面が消えなくなるワンクリック詐欺なども含まれます。

対処法:身に覚えのない請求内容は無視してください。心配なら、請求してきた相手ではなく、警察や消費生活相談に相談しましょう。

利殖(りしょく)商法

未公開株、外国の通貨、事業への投資話など、日頃なじみの薄い利殖(りしょく)話を「値上がり確実」「必ずもうかる」など、利子や配当金で財産が増えることを強調して投資や出資を勧誘する商法です。
「金融機関へ預けていても金利が低いので何とかしたい」「この先、年金だけで暮らせるのか心配だ」などの心理を巧みにつく手口です。

対処法:投資には必ずリスクが伴うことを理解して、「必ず儲かる」など、うまい話は安易に信じずに慎重に判断しましょう。

多重債務

複数の消費者金融や信販会社などから借り入れることです。
特に、すでにある借金の返済のために別の業者からさらに借り入れ、借金が増え続ける状態の事を言います。経済不況による生活苦、無計画なカードローンの利用、違法業者からの借り入れなど、さまざまな要因が挙げられます。

対処法:多額の多重債務は、個人での解決は極めて困難です。借り入れを重ねる前に相談してください。

送りつけ商法

電話勧誘などで契約が成立したかのように思わせ、商品を一方的に送りつける商法で、ネガティブオプションとも言われます。
商品を受け取ったら代金を支払わなければならないといけないと勘違いさせ、高圧的に承諾を迫ったりするケースもあります。

対処法:注文した覚えがなければ、はっきりと断りましょう。曖昧な態度は相手の思うつぼです。

点検商法

「無料でシロアリ点検します」などと突然業者が訪問してきて、高齢者が自分で確認することの難しい床下などを点検します。そして不要であるにもかかわらず「すぐ工事をしないと家が傾く」などと不安をあおったり、「今ならキャンペーン中」などと契約を急がせたりする手口です。
無料点検を口実に、訪問販売を持ちかけてきます。

対処法:訪問販売での契約は、クーリングオフ(解約)できます。

催眠商法(講習会商法)

安売りや講習会を名目に人を集めて日用品や食料品を無料で配り、「もらわないと損だ」など高揚した気分にさせて、冷静な判断を失わせる一種の催眠状態を作り出します。その後、高額な商品を買わせようとする商法です。

対処法:雰囲気に惑わされないようにしましょう。必要のないものははっきり断りましょう。

契約トラブル

面倒だからと言って契約書などの内容をよく読まずに、理解しない状態でサインなどをしても、その時点で契約内容を理解し合意したと見なされます。
理不尽な結果を招いても、それが契約上の約束に沿ったものならば「あなたの意思による責任」と言われてしまいます。

対処法:契約(購入)の際は、契約の内容をよく把握して慎重に判断しましょう。問題やトラブルが発生したら、早めに相談をしましょう。

お問い合わせ

交通防犯課 防犯・消費生活担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2827 ファックス:048-734-5516

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ