このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

土地の税額が高くなったのですが

更新日:2020年4月1日

質問

昨年、家屋を取り壊したところ、土地の税額が高くなったのですが、これはなぜですか。

回答

住宅用地に対する課税標準の特例の適用が受けられなくなったため、税額が高くなったのです。
住宅用地については、課税標準の特例が設けられ土地の面積が200平方メートルまでは、小規模住宅用地として評価の6分の1が課税標準額となっています。この特例を受けるためには、賦課期日(毎年1月1日)現在所有する土地を住宅の敷地として利用していることが必要です。
この土地の場合、昨年の1月1日現在は住宅の敷地として利用していたことから、昨年度は住宅用地の特例が適用されていました。住宅を取り壊したことにより今年の1月1日は住宅の敷地として利用されていませんので、今年度は住宅用地の特例を受けることができなかったものです。また、昨年度住宅を取り壊したことにより、今年はその住宅について固定資産税はかからなくなります。

今回、固定資産税が高くなったのは、その住宅にかかっていた税額の減少分よりも、土地が住宅用地の特例を受けられなくなったことによる税額の上昇分が上回ったことから、固定資産税が高くなったものと思われます。

お問い合わせ

資産税課 庶務償却担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2354 ファックス:048-733-3825

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ