このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な人へ

更新日:2021年4月8日

徴収猶予について(地方税法第15条)

令和3年2月2日以降に納期が到来する市税等を一時に納付できないと認められる場合に、その納付困難な金額を限度として、その者の申請に基づき、原則として1年の範囲内で、その徴収を猶予することができます(地方税法15条~地方税法15条の3)。

新型コロナウイルス感染症の影響による徴収猶予の要件

  1. 納税者に次のいずれかのような猶予該当事実に該当する場合は対象となります
  2. 猶予該当事実に基づき、納税者がその納付すべき地方税を一時に納付することができないと認められること
  3. 納税者から徴収猶予申請書が提出されていること
  4. 原則として、徴収猶予に係る地方税の額に相当する担保の提供があること

猶予該当事実

  • 納税者がその財産につき、震災、風水害、火災その他の災害を受け、または盗難にあったとき
    (災害など)新型コロナウイルス感染症の患者が発生した施設で消毒作業が行われたため、備品(例:電化製品など)が壊れて使用できなくなった
  • 納税者または生計を一にする親族が病気にかかり、または負傷したとき
    (病気など)納税者またはその生計を一にする親族が新型コロナウイルス感染症にり患した
  • 納税者が事業を廃止し、または休止したとき
    (事業の休廃止など)新型コロナウイルス感染症により、予約キャンセルが相次いでため、事業を休廃止した
  • 事業について著しい損失を受けたとき
    (事業上の著しい損失)新型コロナウイルス感染症により、予約キャンセルが相次いでため給食の食材を廃棄したなどの理由により、事業に著しい損失が生じた
  • 法定納期限から1年経過後に納付税額が確定したとき

徴収猶予申請書の提出期限

原則として納期限後(滞納となってから)も申請書を提出することができます。ただし、上記の猶予該当事実の「法定納期限から1年経過後に納付税額が確定したとき」については、納期限内に申請する必要があります(地方税法第15条第2項)。

徴収猶予の申請方法

徴収猶予の申請に当たっては、以下に掲載している「徴収猶予申請書」などをダウンロードして市役所1階 収納管理課に申請してください。

猶予金額が100万円を超える場合

猶予金額が100万円を超える場合

猶予金額が100万円を超える場合

新型コロナウイルスの影響により徴収猶予の特例を受けた人へ「猶予の期限にご注意ください」

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な人に対する「市税等における猶予制度」

徴収猶予期間

徴収猶予期間は原則1年ですが、やむを得ない理由があると認めるときは、納税者の申請に基づき、その期間を延長することができます。ただし、先の猶予期間と合わせて2年を超えることはできません(地方税法15条第4項)。

延滞金の免除

猶予期間中の延滞金の全部または一部が免除されます(地方税法15条の9、本法附則3の2)。

  • 「災害等による徴収猶予」は全額免除
  • 「事業の廃止等による徴収猶予」は延滞金特例基準割合(令和3年 1.0パーセント)を超える部分が免除となります

徴収猶予の特例制度について(地方税法附則第59条)

徴収猶予の特例については、令和3年2月1日までに納期限が到来する市税等が対象となっていることから令和3年2月1日で受付を終了しました。ただし、感染症の影響により、申請することができなかったことにつきやむを得ない理由があると認められる場合には、納期限後にされた徴収猶予の特例申請の受付が可能になる場合があります。詳しくは、収納管理課まで相談してください。

徴収猶予の特例制度とは

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1カ月以上)において、事業などの収入、給与などが前年同期と比較しておおむね20パーセント以上減少していること
  2. 地方税を一時に納付することが困難である

特例徴収猶予の申請により猶予された市税等については、納期限までにお手元の納付書により遅れずに銀行または市役所で納付してください。
特例徴収猶予期間は延滞金がかかりませんが、特例徴収猶予期間終了後に滞納となった場合には、督促状が発付される他、特例徴収猶予期間の翌日から納付の日まで延滞金(令和3年は年8.8パーセント)が加算される場合がありますので注意してください。
お手元に納付書が見当たらない場合には、収納管理課に連絡してください。

感染症の影響などにより、申請することができなかったことにつきやむを得ない理由があると認められる場合

新型コロナウイルス感染症の影響による猶予制度に関する問い合わせ

収納管理課 収税指導担当

所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111(内線:2394、2395)
ファックス:048-734-2593

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

収納管理課 収税指導担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2388 ファックス:048-738-4456

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ