このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

開発許可制度

更新日:2019年5月13日

開発許可制度は、一定の土地を造成する行為や、市街化調整区域で建築物などを建築する行為を、開発許可、建築許可といった許可制にして適正に誘導・規制しようとする制度です。この制度は、市街化を促進する市街化区域と、当面市街化を抑制する市街化調整区域とに区分する線引き制度を担保し、計画的な市街化を実現するための手段として、都市計画法(以下、法という)で創設されました(春日部市の市街化区域と市街化調整区域に区域区分(線引き)の基準日は、昭和45年8月25日です)。

開発行為の定義

開発行為とは、主として、(1)建築物の建築、(2)第1種特定工作物(コンクリートプラントなど)の建設、(3)第2種特定工作物(ゴルフコース、1ヘクタール以上の墓地など)の建設を目的とした「土地の区画形質の変更」のことをいいます。

開発許可対象

開発行為には、許可が必要なもの、許可が不要なものがあり、許可が必要なものの開発行為をしようとする者は、あらかじめ許可を受けなければなりません。

表:許可が必要なもの
区域区分 許可が必要な規模 注意点
市街化区域 500平方メートル以上

用途地域が定められており、建築などの用途が制限されています。
なお、新規許可の場合の最低敷地面積は、100平方メートルです。

市街化調整区域 規模に関わらず全て

原則開発行為が禁止されている区域です。
一定の用途の建築物などのみ開発許可を受ければ建築可能です。
なお、新規許可の場合の最低敷地面積は、区域に応じて定めがあります。

表:許可が不要なもの

法29条1項
該当号

内容
1号 市街化区域で行なう500平方メートル未満の開発行為
2号 市街化調整区域または非線引き区域において、農家住宅・農業用施設などの建築を目的とする開発行為
3号 駅舎などの一定の公益施設の建築を目的とする開発行為
4号~8号 都市計画事業、土地区画整理事業、市街地再開発事業などの各種法に基づく事業により施行される開発行為
9号 公有水面埋立法による竣工(しゅんこう)認可公示前の開発行為
10号 災害応急措置としての開発行為
11号 仮設建築物や付属建築物などを建築することを目的とする一定の軽易な開発行為、建築物の建築を目的としない露天駐車場や露天資材置場を目的とする開発行為

開発許可基準

開発行為は、申請の手続きの他、区域区分によって、次の必要な基準に適合し、また、該当しなければなりません。

表:開発許可基準
区域区分 基準 注意点
市街化区域 技術基準(法第33条) 開発区域が500平方メートル以上の開発行為を行う場合は、開発行為が技術基準(法第33条)に適合し、その申請手続きが法令などに違反していないと認める必要があります。
市街化調整区域

技術基準(法第33条)
立地基準(法第34条)

開発行為が技術基準(法第33条)に適合し、その申請手続きが法令などに違反していないと認めるときの他に、立地基準(法34条)に該当すると認める必要があります。

技術基準(法第33条)

市街化区域・市街化調整区域に適用されます。
予定建築物などの用途が用途地域などが定められている場合に用途の制限に適合していることや道路・公園・給排水施設などの確保、防災上の措置などに関する基準です。

立地基準(法第34条)

市街化調整区域のみに適用されます。
市街化を抑制すべき区域という市街化調整区域の性格から、許可できる開発行為の類型を限定しています。

建築などの制限

市街化調整区域では、開発行為を伴わない建築行為などについても次の行為は制限されています。

開発許可を受けた土地の場合(都市計画法第42条)

市街化調整区域においては、開発許可を受けた土地において、開発行為の工事の完了公告があった後は、新築、新設、改築、用途変更によって開発許可を受けた予定建築物などと異なる建築物になる次の行為が制限されます。

  • 予定建築物など以外の建築物の新築や特定工作物の新設をする行為
  • 既に存在している建築物を改築し、またはその用途を変更して、予定建築物以外の建築物にする行為

ただし、当該開発区域における利便の増進上もしくは開発区域およびその周辺における環境の保全上支障が無いと認めて許可した場合などは、建築などが可能なものがあります。

開発許可を受けていない土地の場合(都市計画法第43条)

市街化調整区域のうち、開発許可を受けた開発区域以外の区域で行われる建築物の新築や第一種特定工作物を新設すること、また、既に存在している建築物を改築し、またはその用途を変更する行為を制限するものです。

ただし、農家住宅、農業用施設、公益施設などの建築などに該当する場合は、許可が不要です。また、定めた基準に該当するものは、許可を受けることにより建築などが可能なものがあります。

表:開発許可を受けていない土地の場合(都市計画法第43条)
区域区分 基準 注意点
市街化調整区域
  • 技術基準
    (令第36条第1項第1および2号)
  • 立地基準
    (令第36条第1項第3号)
開発行為を伴わない建築行為などが技術基準(令第36条第1項第1および2号)の他に、立地基準(令第36条第1項第3号)に該当すると認める場合は、開発許可を行います。

審査基準

関連リンク

法律・政令など

手続き・条例

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

開発調整課 開発審査担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:3566 ファックス:048-736-1974

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ