このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

生産緑地地区制度

更新日:2019年8月8日

生産緑地地区とは

生産緑地地区は、市街化区域内の農地の持つ緑地機能を積極的に評価し、公害または災害防止、農業と調和した都市環境の形成に役立つ農地を保全することで、良好な都市環境の形成を図るための制度です。

追加指定

市では市街化区域の農地を計画的に保全するため、生産緑地地区の追加指定を行っています。指定を希望する人は、公園緑地課にお問い合わせください。

指定を受けるための要件

次に掲げる要件を満たす市街化区域にある農地で、都市環境の保全に役立つ農地。

  1. 良好な生活環境の確保に効果があり、かつ公共用地に適すること
  2. 500平方メートル以上の一団の農地であること
  3. 農業継続が可能な道路、水路の条件が整っていること

(注意)この他の要件もありますので、必ず事前に相談してください。

生産緑地地区の買い取り申し出

生産緑地の所有者は、生産緑地に指定されてから30年経過したときや、農業の主たる従事者が死亡したり、農業に従事することを不可能とさせる故障が生じたときは、市長に対して生産緑地を時価で買い取るよう、申し出ることができます。

買い取り申し出の要件

  • 生産緑地地区に指定されてから30年を経過したとき
  • 農業の主たる従事者が死亡したとき
  • 農業の主たる従者が農業に従事することを不可能とさせる故障を有するに至ったとき

(注意)生産緑地の買い取りの理由が「農業に従事することを不可能とさせる故障」の場合には、買い取り申し出が可能かどうかを審査する必要がありますので、事前に相談してください。

特定生産緑地制度

制度概要

  • 市町村長は告示から30年を経過するまでに、生産緑地所有者等の意向を基に生産緑地を特定生産緑地として指定できることになりました。(生産緑地法第十条の二)
  • 指定された場合、買取りの申出ができる時期が、「生産緑地地区の都市計画の告示日から30年経過後」から、10年延期されます
  • 特定生産緑地の指定は、告示から30年経過するまでに行うこととされており、30年経過後は特定生産緑地として指定できないことに注意してください

税制措置

  • 特定生産緑地の税制については、従来の生産緑地に措置されてきた税制が継続されます
  • 特定生産緑地に指定しない場合は、買取りの申出をしない場合でも、従来の税制措置が受けられなくなります

今後の手続き

本市では、合併前の旧春日部市地域内に存在する大半の生産緑地が、令和4年12月に指定後30年を迎えます。これらの生産緑地を対象として、今後、特定生産緑地に指定するか個別に意向確認を実施します。

関連資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

公園緑地課 公園管理担当
所在地:〒344-0192 春日部市金崎839番地1
電話:048-746-1111 内線:7093 ファックス:048-746-4797

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ