このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ふとした瞬間に歴史や文化を感じられるまち

更新日:2017年2月1日

歴史文化

普段歩いている道が、何百年前も使われていた道だった。
きれいに整備されても、歴史を感じられる場所が、
さりげないところに芸術や文化の薫りを春日部では感じることができます。

写真:日光道中の道しるべ
日光道中の道しるべ

何げなく通る街角で宿場町の面影に出会えます

江戸時代、日光道中第四の宿場「粕壁宿」として栄えた春日部市。蔵造りの建物、道しるべなど街道沿いの商店には今も面影が残ります。また、『奥の細道』紀行では松尾芭蕉も粕壁宿に宿泊したとされ、その足跡から歴史を感じることができます。

市内には多くの文化財もあります。詳細は文化財保護事業をご覧ください。

多くの著名な彫刻家の作品たち。街全体が美術館

春日部駅周辺には「彫刻のあるまちづくり」として設置された20をこえる彫刻作品が街のあちこちにあります。まちを歩くだけでまるで美術館にいるような、芸術的な雰囲気に包まれた散策を楽しむことができます。

詳細は春日部を楽しもう「アートを楽しむ」をご覧ください。

写真:彫刻のある街並み
彫刻のある街並み

一年を彩る伝統行事や文化イベントを身近に楽しめます

全国的に有名な「大凧あげ祭り」は、その由来を江戸時代にまでさかのぼります。他にも、ふじ通りを行進するパレードで有名な「春日部藤まつり」、近隣では見ることができない25基もの御輿(みこし)が市内を豪快に練り歩く「春日部夏まつり」、音楽がさかんなまちにふさわしい「かすかべ音楽祭」や「ジャズデイかすかべ」、歴史と伝統を誇る特産品に触れることができる「かすかべ押絵羽子板と特産品まつり」など、家族みんなで楽しむことができる歴史的・文化的な行事が盛りだくさんです。

詳細は春日部を楽しもう「イベントを楽しむ」をご覧ください。

お問い合わせ

シティセールス広報課 シティセールス推進担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2175 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143

かすかべスタイル「+1な日々」

Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ