このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

川について学び、親しむ機会があります

更新日:2020年1月15日

大落(おおおとし)古利根川」「中川」「倉松川」「江戸川」と、春日部のまちは多くの川と接しており、市内には川と接する場所がたくさんあります。
市では、それらの川について、専門家から学び、たくさんの市民の皆さんと川・水辺空間で親しむ機会を設けています。

川に関する勉強会「古利根川を丸ごと学ぼう」を開催しました

市民・事業者・市による協働組織「かすかべ環境ネットワーク」主催で、古利根川に関する講座および現地見学会を全3回の日程で実施しました。
身近な古利根川を知ることができる機会として、たくさんの人が参加しました。

川に関する講座(第1回・第2回)

日時・場所

  • 第1回:令和元年6月15日 午後2時~午後4時
  • 第2回:令和元年6月30日 午後2時~午後4時

場所は両日とも、ぽぽら春日部4階会議室。

講師

埼玉県川の国アドバイザー(かすかべ環境ネットワーク会員)
中島 静夫(なかじま しずお)さん

内容

現在の古利根川の形に至るまでの歴史から川を取り巻く周囲の環境など、古利根川に関する知識を深める説明が行われました。
講座は、古利根川から県東部の水系まで視野を広げ、利根川の東遷から現在の大落古利根川の成り立ちまでに至る、文字通り古利根川を丸ごと学ぶ内容となりました。
古利根川は一見すると一つの河川ですが、歴史の上では河川と用水の要素が混在しており、現在の水流になるまでに、長い年月がかかっているとのことでした。

その過程で農業用水を確保するための溜井(ためい)(ダム)を何度も整備し、自然の地形を利用し水の反復利用を可能とするものから、用水路と排水路を分離する形で工事期間が短く済むものまで、当時の整備の技術力の高さも知ることができました。

古利根川の周辺にある自然として、絶滅危惧2類に指定されている「キタミソウ」についても説明されました。
気温の低い、古利根川の上流で自生しているのが発見されています。

海と川は密接な関係があり、川が汚れてしまえばその影響は海にまで広がってしまいます。
最後に、講師の中島(なかじま)さんは「川は市民の大切な財産。川を大切に思う気持ちを忘れないでほしい」と話していました。

現地見学会(第3回)

日時・場所

第3回:令和元年7月13日 午前8時30分~午後4時

場所は、利根大堰(おおぜき)(行田市)や大落古利根川の起点など。

講師

埼玉県川の国アドバイザー(かすかべ環境ネットワーク会員)
中島 静夫(なかじま しずお)さん

内容

1回目・2回目の川に関する講座で学んだ、利根大堰(おおぜき)や大落古利根川の起点などを実際に見学しました。講師の説明を聞きながら現地を見学してまわり、改めて大落古利根川への理解を深めました。

利根大堰(おおぜき)を見学した際には、その規模の大きさから参加者からは驚きの声が上がっていました。

葛西用水路土地改良区琵琶溜井(ためい)記念館(久喜市)では、古利根川に関するさまざまな資料が掲示されていました。

春日部市民の日記念 大落古利根川の新たな魅力創造を考えるシンポジウム

平成30年10月20日、春日部の魅力の一つである川・水辺の魅力をさらに広く市内外にPRしていくために、春日部駅から徒歩5分圏内に位置し、市民にとって最も身近で豊かな自然である「大落古利根川」の生かし方について、新たな視点から探っていくシンポジウムを開催しました。

基調講演「川を活かしたまちづくり」

講師

()日本工業大学教授 佐々木(ささき) (まこと)

日本工業大学建築学科教授、専門は建築計画・ハウジングデザイン。1967年生まれ東京都出身。慶應義塾大学文学部、筑波大学大学院芸術研究科、東京大学工学系研究科に学び、設計事務所、東京工芸大学などを経て、現職。東武スカイツリーライン沿線を主なフィールドに、住まい・まちづくりの研究や実践に取り組む。埼玉県住宅政策懇話会・副座長、春日部市都市計画審議会・副会長などを歴任。

当日の様子

川を生かした先進事例の紹介や私たち一人一人ができることを実践していくことの大切さなどについて、話が進められました。

議事録

事例報告「夕涼みフェスタの運営をとおして見えてきた川と人の関係」

報告者

春日部商工会議所青年部 平成30年度夕涼みフェスタin公園橋実行委員会実行委員長 柳生(やぎゅう) 将輝(まさてる)

議事録

パネルディスカッション「古利根川の魅力を高める新たな取り組みについて」

パネリスト

  • 春日部商工会議所青年部 柳生(やぎゅう) 将輝(まさてる)
  • 埼玉県水辺再生課 勅使河原(てしがわら) 将吾(しょうご)
  • 倉松川を愛する会会長 内山(うちやま) 裕幸(ひろゆき)
  • 春日部市副市長 種村(たねむら) 隆久(たかひさ)

コーディネーター

  • 日本工業大学教授 佐々木(ささき) (まこと)

当日の様子

「古利根川の魅力を高める新たな取り組みについて」のテーマでパネルディスカッションが行われました。4人のパネリストだけでなく、来場者からも意見を多く募り、活発に討論が行われました。パネリストや会場から出た意見は、日本工業大学の学生が付箋に記録し貼り出すことで、会場と共有しながら議論を展開しました。

議事録

「川に関する勉強会」に関するお問い合わせ

環境政策課 環境政策担当

  • 所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
  • 電話:048-736-1111(内線:7715)
  • ファックス:048-733-3826

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

シティセールス広報課 シティセールス推進担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2175 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


以下フッターです。

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143

かすかべスタイル「+1な日々」

Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ