このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

危機関連保証制度(大規模な経済危機など)

更新日:2020年11月12日

東日本大震災やリーマンショックといった危機時に、国として危機関連保証を実施する必要があると認める場合に、全国・全業種(保証対象業種に限る)を対象として、信用保証協会が通常の保証限度額(2.8億円)およびセーフティネット保証の保証限度額(2.8億円)とはさらに別枠(2.8億円)で借入債務の100パーセントを保証する制度です。

認定案件の指定状況

令和2年新型コロナウイルス感染症(令和2年3月13日時点)

  • 官報掲載日:令和2年3月13日
  • 指定期間:令和2年2月1日~令和3年1月31日(日曜日)

対象中小企業者

次の全てに該当する中小企業者など

  • (イ)金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としていること。
  • (ロ)「認定案件」に起因して、原則として、最近1カ月間の売上高などが前年同月比で15パーセント以上減少しており、かつ、その後2カ月間を含む3カ月間の売上高などが前年同期比で15パーセント以上減少することが見込まれること

申請方法

  1. 「書類」欄にある「案内」に従って申請してください。提出書類などに不備がある場合、申請を受理できない場合がありますので注意してください
  2. 本市の認定を受けた後、必要な書類を揃え、支援を受ける機関に申し込んでください

書類

創業者等運用緩和

創業後1年を経過していない人、1年前から事業を拡大し売上高などの減少要件を満たさない人は、要件が緩和されます。申請する場合は、下記の申請書を利用してください。

運用緩和(1)様式

最近1カ月(申請日の前月)の売上高と最近1カ月を含む最近3カ月間の平均売上高などを比較する様式です。

運用緩和(2)様式

最近1カ月(申請日の前月)の売上高などと令和元年12月の売上高などを比較および、その後2カ月間(見込み)を含む3カ月の売上高などと令和元年12月の3カ月を比較する様式です。

緩和様式(3)様式

最近1カ月(申請日の前月)の売上高と令和元年10月~12月の平均売上高などを比較および、その後2カ月間(見込み)を含む3カ月の売上高などと令和元年10月~12月の3カ月を比較する様式です。

関連リンク

危機関連保証制度の詳細については下記リンク先などをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

商工振興課 中心市街地活性化・企業誘致担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7756 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ