このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

認定農業者制度

更新日:2018年4月16日

認定農業者制度は、自ら経営改善に取り組むやる気のある農業者が、いわば「農業経営のスペシャリスト」を目指す計画である「農業経営改善計画」を作成し、その計画を市が認定する制度です。申請から認定まで1カ月程度要します。
農地の利用集積により経営規模の拡大を考えている人や、すでにダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。市基本構想(PDF:733KB)の目標水準と同じなどの経営をしている人は、相談してください。

認定の対象者

性別

一切問いません。
仮にパートナーの経営に参加している人でも、「家族経営協定」などを結ぶことで、パートナーとともに認定の対象となることができます。

年齢

一切問いません。

専業・兼業の別

市の基本構想で示された農業経営を目指す人であれば、誰でも認定の対象となります。

経営規模・所得の大小

一定の収入が得られる農業経営を目指す人は、認定の対象となります。

営農類型

水稲・麦・大豆などの土地利用型農業はもちろん、農地を持たない畜産経営や、野菜などの施設園芸なども認定の対象となります。

法人経営

農業経営を営む法人であれば、農業生産法人の有無にかかわらず認定の対象となります。
集落営農についても法人化すれば、認定の対象となります。

主な支援措置

資金の融通

農業制度資金で金利や融資率に優遇があります。
詳しくは、農業制度資金をご覧ください。

農地

農地を集めて農業経営の効率化を目指す認定農業者を支援しています。

農業者年金

  • 保険料の国庫助成があります
  • 支払った保険料は全額社会保険料控除の対象となる特例が受けられます

予算措置など

農業生産基盤・機械施設整備、水田経営所得安定対策(品目横断)、経営相談・指導・研修などで、認定農業者に施策を重点化します。

税制の特例

機械・施設などの減価償却費を割増し計上できます(割増率:認定農業者20パーセント)。

認定農業者になるには

まず、経営改善に関する5年後の目標とその達成に向けた方策を内容とする「農業経営改善計画」の作成が必要です。
詳しくは、農業振興課へお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農業振興課 農業振興担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7744 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ