このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

首都圏外郭放水路

更新日:2019年3月29日

写真:調圧水槽

詳細情報

表:詳細情報
所在地 春日部市上金崎720番地
アクセス 東武野田線(アーバンパークライン)「南桜井駅」から徒歩約40分
問い合わせ 首都圏外郭放水路管理支所 管理係長
電話:048-746-7524
首都圏外郭放水路 取材・撮影を希望される方へ(外部サイト)
撮影可能日時 平日 午前8時30分~午後5時
(祝日除く)
撮影時使用料金 無料
撮影可能場所 撮影(施設や見学会の紹介が目的では無く、施設を背景として使用することを目的としたもの)は、龍Q館(りゅうきゅうかん)・操作室・調圧水槽のみが撮影可能箇所となります(トンネルや立坑での撮影は不可)。
また、撮影に当たっては、施設の紹介などを含む広報活動への協力が条件となります。
施設概要 首都圏外郭放水路は、地下50メートルを流れる、世界最大級の地下放水路です。
首都圏外郭放水路の象徴的な施設である調圧水槽は、幅78メートル・長さ177メートル・高さ18メートルの広さを誇るマンモス水槽です。
調圧水槽のコンクリート製の柱は59本あり、1本あたりの重量は約500トン。ギリシャにある「パルテノン神殿」のような柱と空間の巨大さから、地下神殿とも言われています。また、首都圏外郭放水路の頭脳といえる操作室には、20個に及ぶ監視モニターが配置されています。
駐車場 あり
備考 工事や業務、出水対応および見学会が取材・撮影よりも優先されるため、施設側の都合により撮影が中止になる場合があります。
撮影(施設や見学会の紹介が目的では無く、施設を背景として使用することを目的としたもの)に当たっては、施設の紹介などを含む広報活動への協力が条件となります。
次のような撮影はお断りしています。
  • 個人・CM・カタログ・企業イメージ・公序良俗に反するもの・施設利用が不適と判断されるもの
調圧水槽への機材の搬入は階段(116段、高低差22メートル)のみとなります。
人の出入りを前提とした施設ではありませんので、上記以外にも取材・撮影に際して制約が生じます。

地図

お問い合わせ

観光振興課 観光振興担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7767 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

ロケ地紹介

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ