このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

マイナンバー社会保障・税番号制度

更新日:2017年9月4日

マイナンバー社会保障・税番号制度(以下「マイナンバー制度」という)は、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。

詳細は、内閣官房 社会保障・税番号制度(外部サイト)をご覧ください。

マイナンバー制度における情報のやり取りの記録などをオンラインで確認することができるマイナポータルは、マイナポータル(サービストップページ)(外部サイト)からログインできます。

春日部市でマイナンバーを利用する事務はマイナンバーを利用する事務をご覧ください。

重要なお知らせ

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得に注意してください

次のような電話、メール、手紙、訪問などに注意してください。

  1. マイナンバーの通知や利用、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付などの手続きで、国の関係省庁や地方自治体などが、財産などに関わる情報を聞くことはありません。たとえば、口座番号や口座の暗証番号、所得や資産の情報、家族構成や年金・保険の情報などを尋ねることはありません。また、お金やキャッシュカードを要求したりすることは一切ありません
  2. マイナンバーの安全管理対応の困難さなどを過度に誇張した商品販売や不正な勧誘などには十分注意してください
  3. 「なりすまし」の郵便物に注意してください。マイナンバーは、「通知カード 個人番号カード交付申請書 在中」「転送不要」と赤字で書かれた封筒に入れて、簡易書留で各世帯に郵送します。また、配達員が代金を請求したり、口座番号などの情報を聞いたりすることもありません

不審に感じたら、不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください(内閣官房ホームページ)(外部サイト)の相談窓口へ連絡してください。
内閣府のコールセンターや地方公共団体、消費生活センターなどに寄せられたその他の相談事例も掲載しています。

目次

マイナンバー制度が導入されると

住民票を有する国民の皆さんに1人1つのマイナンバーを付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。
マイナンバー制度は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。

  1. 公平・公正な社会の実現
    所得や他の行政サービスの受給状況が把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている人にきめ細かな支援を行えるようになります
  2. 国民の利便性の向上
    添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関からさまざまなサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります
  3. 行政の効率化
    行政機関や地方公共団体などで、さまざまな情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。また、複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります

マイナンバー(個人番号)

住民票を有する国民一人一人に12桁のマイナンバーが付番されます。マイナンバーが漏えいして、不正に使われる恐れがある場合を除いて、番号は一生変更されませんので、大切にしてください。

マイナンバーの利用範囲

マイナンバーは、年金・雇用保険・医療保険などの手続き、生活保護や福祉の給付などの社会保障、確定申告を始めとした税の手続き、災害対策など、行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(マイナンバー法)で定められた事務に限って利用します。
また、この他に社会保障・税・災害対策の3分野に関する事務、その他これらに類する地方公共団体が条例で定める事務に利用します。

春日部市の利用範囲は、マイナンバーを利用する事務をご覧ください。

情報連携

情報連携とは、マイナンバー法に基づき、これまで住民の皆さんが行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、情報連携専用のネットワークシステム(情報提供ネットワークシステム)を利用して、異なる行政機関の間で行政手続きに必要な情報のやり取りをする仕組みです。

情報連携は、平成29年7月18日から試行運用を開始しています。
当面3カ月程度を予定している試行運用期間中は、従来どおりの書類の提出をお願いします。

独自利用事務の情報連携に係る届出書

独自利用事務は、マイナンバー法第19条第8号に基づき、他の行政機関などと情報連携を行うことができます。春日部市の情報連携を行う独自利用事務の範囲は、独自利用事務の情報連携に係る届出書をご覧ください。

通知カード

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバーをお知らせするものです。券面には、お住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー」などが記載されています。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードは、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載され、本人の写真が表示されます。通知カードでマイナンバーが通知された後に申請すると、マイナンバーカードの交付を受けることができます。
マイナンバーカードは、本人確認のための本人確認書類として利用できる他、e-Tax(イータックス:国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種サービスに利用できる予定です。

個人情報保護対策

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の手続きのために、国や地方公共団体、勤務先、金融機関、年金・医療保険者などに提供するものです。こうした法律で定められた目的以外にむやみに他人にマイナンバーを提供することはできません。
他人のマイナンバーを不正に入手したり、他人のマイナンバーを取り扱っている人が、マイナンバーや個人の秘密が記録された特定個人情報ファイルを他人に不当に提供したりすると、処罰の対象になります。
マイナンバー制度では、国の行政機関や地方公共団体などが、個人のプライバシーなどの権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するために適切な措置を講じているかを評価する仕組みが取り入れられています(特定個人情報保護評価)。
春日部市の評価は、特定個人情報保護評価書をご覧ください。

コールセンター

国にて、マイナンバーに関するコールセンターを開設しています。「通知カード」「マイナンバーカード」に関することや「マイナポータル」に関すること、その他マイナンバー制度に関する問い合わせに答えます。「マイナンバーカード」の紛失・盗難による、カードの一時利用停止は、24時間、365日対応します。

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話:0120-95-0178(無料)(かけ間違いのないよう注意してください)

受付時間

  • 平日…午前9時30分~午後8時
  • 土曜日・日曜日・祝日…午前9時30分~午後5時30分(年末年始を除く)

マイナンバーカードの紛失・盗難による一時利用停止は、24時間365日対応しています。

利用方法

音声ガイダンスに従って、聞きたい情報のメニューを選択してください。

  1. マイナンバーカードの紛失・盗難について…「1番」
  2. 通知カード・マイナンバーカードに関するお問い合わせ…「2番」
  3. マイナンバー制度・法人番号に関するお問い合わせ…「3番」
  4. マイナポータルに関するお問い合わせ…「4番」

一部IP電話などで上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

  • マイナンバー制度、マイナポータルに関すること…電話:050-3816-9405
  • 「通知カード」「マイナンバーカード」または、「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止」…電話:050-3818-1250

英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応

  • マイナンバー制度に関すること…電話:0120-0178-26
  • 「通知カード」「マイナンバーカード」または、「紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止」…電話:0120-0178-27

事業者向け資料

マイナンバー法により、平成27年10月から全国民にマイナンバーが付番され、事業者は従業員などのマイナンバーおよび特定個人情報(マイナンバーを含んだ個人情報をいう。以下同じ)を取り扱うこととなります。ガイドラインでは、マイナンバーおよび特定個人情報の取り扱いについて、具体例を用いて分かりやすく解説しています。

外国人向けの多言語対応資料

日本に住民票がある外国人へ向けて、多言語に対応した制度案内の資料を、内閣官房社会保障改革担当室が作成しました。

動画「平成27年10月より順次お届けします! 1人に1つ。マイナンバー」の多言語による字幕掲載版が政府インターネットテレビに掲載されました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

情報システム課基幹システム担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2466 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ