このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

第57回 未来へ羽ばたく私たち(広報かすかべ平成31年4月号)

更新日:2019年4月1日

新しい環境で始まる学校生活に向けて

4月から、江戸川小中学校の新7年生として新たな学校生活を送る宝珠花小学校・富多小学校の6年生だった皆さんと、今回は、「未来へ羽ばたく私たち」をテーマに懇談を行いました(実施日:平成31年1月17日)。

懇談内容

市長

皆さん、こんにちは。今回は、4月に新しく開校する江戸川小中学校の新7年生となる、庄和北部地域の小学校の6年生の皆さんと大いに語り合いたいと思います。江戸川小中学校は「義務教育学校」となりますが、これは埼玉県で初めてです。何よりも皆が自由に、そして一生懸命勉強できる、素晴らしい環境をつくりたいということで、このようにさせていただきました。一番大事なのは、ここで学ぶ皆さんです。学ぼうという気持ちがなかったら、いくらいい先生がいい授業をしても擦り抜けてしまいます。今はまだ分からないかもしれませんが、勉強は、大人になっていろいろなことをやろうというときに、必ず役に立ちます。一生懸命勉強して、大きく成長してほしいと思っています。本日はわずかな時間ですがよろしくお願いして、あいさつとさせていただきます。
それでは初めに、皆さんは、宝珠花小学校・富多小学校にこれまで通ってきて、一番の思い出はなんですか。

宝珠花小学校:横井(よこい)さん

私が宝珠花小学校に通ってきて一番心に残っているのは、1年生から6年生までの全児童で行く「なかよし遠足」で道の駅「アグリパークゆめすぎと」へ行き、新入生や低学年との交流を深めることができたことです。そして、江戸川小中学校へ行っても、そのような友好関係を築いていきたいと思っています。

富多小学校:大瀧(おおたき)さん

僕の富多小学校に通って一番の思い出は、1時間跳び続ける「なわとび1時間チャレンジ」を、3回目くらいの挑戦で達成できたことです。

富多小学校:名倉(なぐら)さん

富多小学校にこれまで通って一番の思い出は、埼玉県なわとび選手権大会の「時間とび」に出場して、1時間20分36秒を跳んで1位を取ることができたことです。

市長

富多小学校は、なわとびが飛び抜けていて、とても素晴らしいですね。

富多小学校:鈴木(すずき)さん

社会科見学で国会議事堂に行って衆議院本会議場を見学しましたが、テレビなどで見るよりも大きく感じました。あまり行けない貴重な機会だったと思うので、一番の思い出です。

市長

国会というのは国の法律を決めたりする重要な場所なので、そういう場所を見学することで、いろいろなことを学ぶきっかけにしてほしいと思います。

富多小学校:齋藤(さいとう)さん

修学旅行で鎌倉の大仏や箱根関所を見学したり、江ノ島電鉄に乗ったり、小町通りなどで普段食べられないような物を食べられてよかったです。

市長

今までテレビでしか見たことがなかったところへ直接行けるのは楽しいし、思い出に残りますね。そして外に出ることで、地元の良さを見直すこともできるかと思います。皆さんの地域には、大凧あげや富多神社の神楽など伝統的なものがいろいろありますね。もしかしたら皆さんは大凧あげをそう大したことがない、いつもの行事だと思っているかもしれませんが、あんなに大きな凧を毎年2張も作って、揚がるか揚がらないか苦労してやっている祭りは、ここにしかない、すごいことです。自分たちの周りでやっていることは当り前と思ってしまいがちですが、非常に貴重なものだと知ってほしいと思います。

市長

次に、皆さんは4月から江戸川小中学校に通うことになりますが、期待や不安に感じることがあれば教えてください。

宝珠花小学校:高田(たかだ)さん( 注意:高の字は、 正しくははしご高)

私は、部活動で陸上部に入って、記録が伸びるように頑張りたいです。不安に思っていることは、勉強です。小学校より難しいと聞いたので、頑張りたいです。

市長

まず、基礎体力をつけることが大事ですね。普段の生活から工夫するなど、自らを高める意識が必要だと思います。勉強は心配ありません、一生懸命やれば必ずわかります。

富多小学校:鈴木(すずき)さん

中学校では勉強が難しそうで不安です。期待することは、部活動でテニスが楽しそうなので入りたいです。

市長

春日部出身の綿貫 陽介(わたぬき ようすけ)さんというプロテニスプレーヤーがいて、ワールドツアーに出るなど活躍しています。ぜひ頑張ってください。

富多小学校:今成(いまなり)さん

期待することは、新しい学校で友だちが増えるということです。不安を感じるのは、勉強が難しくなると思うことです。

市長

江戸川小中学校は、通学区域に関係なく市内のどこからでも通学を認める制度となっています。他の学校から新しくこの学校に通いたいと希望している子どもたちもいると聞いていますので、新しく加わる人とも、ぜひお友だちになってください。皆勉強のことを不安に思っているようだけれど、勉強は、学ぼうという気持ちになり一生懸命取り組めば、必ず分かりますので大丈夫です。今まで経験したことがないことは不安ですね。それでも自信を持って進んでいくことが大事です。チャレンジをして失敗したとしても、どこが悪くてできなかったのかと考えられれば、それが勉強になります。失敗するだけ学びが深くなるということです。

市長

次に、新しい校歌を練習されていると思いますが、歌ってみてどのように感じましたか。

宝珠花小学校:中田(なかだ)さん

「江戸川の富」や「友情の花の輪」という歌詞がとてもよかったです。それぞれの学校のいいところや伝統が感じられて、とても親しみやすい歌だと思いました。

富多小学校:大瀧(おおたき)さん

閉校してしまう宝珠花小学校、富多小学校、江戸川中学校のそれぞれのいいところや伝統的なことが書かれていて、3つの学校を忘れないという思いが感じられるところがいいと思います。

市長

宝珠花小学校出身の人とお話をしたときに、自分たちの学び舎が無くなるのは寂しい、と聞きました。それは間違いないと思います。それでも、前を向く姿勢が大事です。新しい学校は、埼玉県で初めての義務教育学校として、他にない特徴を持つことになります。皆さんが新しい道を切り開いていく、それはとても素晴らしいことです。

宝珠花小学校:中山(なかやま)さん

この歌詞は、小中学校のいいところが入っていて、しかもどの学年でも歌いやすいと思いました。

富多小学校:古谷(ふるや)さん

新しい校歌は、富多小学校と宝珠花小学校、江戸川中学校のいいところを全て使っていて、いい歌だなと思いました。新しい校歌を歌っていれば、江戸川小中学校に行っても富多小学校のことをいつも思い出せていいなと思います。

市長

これからはこの歌が自分たちの校歌となりますので、早く覚えて親しみをもってもらいたいと思います。大会などでPRしたり、いろんなところで発表できたりすればうれしいですね。

市長

次に、皆さんの将来の夢を教えてください。

宝珠花小学校:川嶋(かわしま)さん

僕の将来の夢は3つあります。お父さんの仕事を継いで大工になること、おもちゃが好きなのでラジコンなどの会社に勤めたい、あと車が大好きなので車関係の仕事に勤めたいです。

市長

いっぱいありますね。夢とか目標はいくつあってもいいと思います。

宝珠花小学校:高田(たかだ)さん( 注意:高の字は、 正しくははしご高)

私は一つでも多くの犯罪を減らしたいので、将来は警察官になりたいです。

市長

しっかり体を鍛えて、悪い人たちに負けないように頑張ってください。

宝珠花小学校:佐藤(さとう)さん

私はキャビンアテンダントになりたいです。

宝珠花小学校:中村(なかむら)さん

私は小学校の先生になりたいです。

富多小学校:古谷(ふるや)さん

僕の将来の夢は2つあって、お父さんがペンキ屋さんなので後を継ぐことと、あとは4年間ドラムをやっていて、ミュージシャンになりたいと思っています。

宝珠花小学校:関根(せきね)さくらさん

私の夢はテレビ番組のスタッフになることです。

市長

皆さんにはそれぞれに夢や目標がありますね。春日部の新しい制度で、自分の夢や挑戦したいことに対して奨学金を出しましょうというものがあって、募集したところ相当応募があったようです。皆さんも夢を持ち続けて、そして目標が定まったら、さらに高い目標を持ってもらいたいと思います。

市長

最後に、将来、春日部市がどのようになってほしいと思いますか。

宝珠花小学校:吉田(よしだ)さん

私は、将来の春日部は安全で犯罪の少ないまちになってほしいです。宝珠花地区は特に夜は街灯が少なくて暗いので、街灯を増やしてほしいと思っているのと、あと交番が私たちの地区には一つしかなくて、お巡りさんも一人しかいないので、交番を増やしてほしいです。

市長

安全なまちというのは誰もが望むことですね。街灯は、今、春日部市はほとんど電柱1本おきに新しいLEDの街灯がついていて、昔からすると相当明るくなっています。そして交番が宝珠花地区に一つあることは、実は大変貴重なことなのです。もっと人口が多くて大きな地区でも、交番がないところはあります。確かに交番がいっぱいあれば安心ですが、一番大事なのは地域の皆が協力して、何かあったら隣近所と連携を取って対応するなど、まちのコミュニティをしっかりすることです。

富多小学校:齋藤(さいとう)さん

僕は、道路沿いに花などが咲いているような、自然豊かで平和なまちであってほしいです。

市長

今はどうですか。

富多小学校:齋藤(さいとう)さん

今、自然は多いのですが、もう少し花が道に咲いていてほしいです。あと事故が多いのでそれを減らしてほしいです。

市長

交通事故を防止するため、警察や市役所、ボランティア、いろいろな人や団体が協力して、パトロールや安全指導をしていますが、事故を減らすには、自分たちが事故に合わないように一人一人が気を付けるのも大事です。事故に合わないためにはどうしたらいいと思いますか。

富多小学校:齋藤(さいとう)さん

車などが来ていないかを確認することです。

市長

そうですね。安全を確認すると同時に、まずは交通ルールを守ることです。皆がルールを守っていれば、おそらく事故は少なくなります。ちょっとくらいはいいだろうとか、自分だけなら平気だろうという気持ちでは、事故はなくなりません。

富多小学校:(はやし)さん

明るく安心して住める、楽しいまちになってほしいです。

市長

楽しいまちというのはどういうイメージかな。たとえば、春日部駅で乗り降りしたことはありますか。春日部駅の発車メロディーが、今、クレヨンしんちゃんのメロディーになっていますが、気が付きましたか。これは皆さんに春日部を楽しんでほしいという思いで、春日部市と東武鉄道が協力して、実現しました。今度春日部駅を使うときに気を付けて聞いてみてください。

宝珠花小学校:関根 彩帆(せきね さほ)さん

将来は、活気あふれる豊かなまちになってほしいと思います。

市長

今、春日部駅付近連続立体交差事業といって、春日部駅が高架になる事業が進んでいます。庄和地区では、東埼玉道路という大きな道路のインターチェンジを建設する工事が始まっています。鉄道高架や道路ができれば便利になって、インターチェンジの近くには工場ができる。工場ができればそこで働く人が必要になってくる。人がたくさん住んだり通ったりするようになると、映画館やスポーツ施設、食事ができるところなどができてきます。そうして活気が生まれてくるわけです。

宝珠花小学校:高橋(たかはし)さん( 注意:高の字は、 正しくははしご高)

学校などで不審者情報や事故の情報を聞きますが、怖いと思うので、安全なまちであってほしいです。

市長

皆さんがなるべく怖い目に遭わないように、いち早く情報を流しています。携帯メールで発信したり、防災行政無線で放送したりしています。情報があることで、先生や保護者、そして皆さん自身が気を付けることができると思います。

宝珠花小学校:二宮(にのみや)さん

ここから南桜井駅に直接行けるような電車とかバスを通してほしいです。

市長

春バスは、年配の人も駅や病院へ行けるようにと運営しているのですが、交通網の改善は難しい問題ですね。ご意見として、受け止めさせていただきます。

富多小学校:大瀧(おおたき)さん

石川市長さんの子どもの頃の夢は何でしたか。

市長

子どもの頃は、元気に遊んで、スポーツも勉強も一生懸命やっていましたね。夢はスポーツ選手だったかな。

宝珠花小学校:川嶋(かわしま)さん

石川市長さんが感じている、春日部市の良さは何か教えてください。

市長

皆さんと同じように感じていることだと思いますが、これからどんどんいいところを伸ばせる、そういう伸びしろがいっぱいあるのが春日部です。便利なまちでもあって、自然も残っていて、それらがマッチングして、とても住みやすいと思います。医療環境も教育環境もそろっていますし、これから鉄道高架やインターチェンジもできます。活気あるまちができてくると思っています。

富多小学校:横井(よこい)さん

最近、はまっている趣味は何ですか。

市長

春日部市長としての仕事が趣味ですね。特に今は、まちが動きだしているところで、とてもやりがいがあります。

富多小学校:鈴木(すずき)さん

僕は将来政治家になりたいのですが、どうしたらなれますか。

市長

一番は、自分の住んでいるところをどれだけ好きになれるかですね。政治家というのは、地域の代表です。市議会議員にしても県議会議員にしても、あるいは国会議員にしても、いかに地域の力になれるか。地元が好きで、地元をこういうふうにしたい、こういうまちにしたい、皆の意見をこうしたい、そういう気持ちがあって、自分が感じるのと同じように皆に満足感をあげられるか、と考えるといいかもしれないですね。頑張ってください。
それでは、これからも皆さんが未来に向かって一生懸命学ぶことができる環境をつくっていきたいと思います。自信と誇り、勇気を持って学び、春日部市から未来へ羽ばたいてください。応援しています。
今日はありがとうございました。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2179 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ