このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2018年7月号8面

更新日:2018年7月10日



目次

催しでコンロ・発電機などを使用する際は準備、届け出をしてください

問い合わせ/予防課(内線:4528)

消火器を備えましょう

コンロ・発電機などを祭礼・縁日・花火大会など多数の人が集まる催しで使用する場合は、消防法に定める検定を受けた消火器が必要です(エアゾール式の簡易消火器具および住宅用消火器は認められません)。

露店などの開設を届け出ましょう

露店・屋台でコンロ・発電機などを使用する場合は届け出が必要です。
(注意)近親者によるバーベキューや花見など、集まる者の範囲が個人的なつながりにとどまる場合は対象外

  • 届出者…催し物の主催者、露店などの開設者
  • 届出方法…平日の午前8時30分~午後5時15分に直接、消防本部2階 予防課へ届出用紙を2部提出(届出用紙は同課、市WEBで配布)
  • 届出期限…当該行為を行う3日前まで

花火遊びによる火災に注意しましょう

問い合わせ/予防課(内線:4524)

おもちゃの花火でも、原料は火薬であり、扱いには注意が必要です。

火災予防のポイント

  • 花火の注意事項をよく読んで必ず守る
  • 花火を人や家に向けない。燃えやすいものの周りでは使用しない
  • 風の強いときは行わない
  • 水の入ったバケツを用意し、遊び終わった花火は水につけて完全に火を消す
  • 一度にたくさんの花火で遊ばない
  • 花火をほぐして遊ばない
  • 大人が付き添い、子どもだけで遊ばない

地産地消講座・料理教室 春日部産のお米と野菜で夏休みランチ

問い合わせ/農業振興課(内線:7746)

春日部産のお米「(さい)のきずな」と夏野菜を使った、「春日部産の野菜に触れて食べて学ぶ夏休み」がテーマの地産地消の講座と料理教室を開催します。

  • とき…平成30年7月28日(土曜日)午前9時15分~午後1時10分(受け付けは午前9時~)
  • ところ…中央公民館
  • 対象…小学4年生~中学3年生とその保護者(児童のみの参加可) 20人(申し込み順)
  • 費用…1人200円
  • 持ち物…エプロン、三角巾、布巾、スリッパ、筆記用具
  • 申し込み…平成30年7月6日(金曜日)~13日(金曜日)に、電話で農業振興課へ

第3回かすかべビジネスプランコンテストを開催します

問い合わせ/商工振興課(内線:7756)

これから起業を目指す人や、新規事業計画の事業化を目指す人などからのビジネスプランを募集します。また、生徒、学生によるビジネスアイディアも募集します。優秀なプランには、賞状と記念品を贈呈します。

  • 募集期間…平成30年7月2日(月曜日)~9月28日(金曜日)
  • 募集部門…ビジネスプラン部門、ビジネスアイディア部門
  • 募集要項・応募用紙配布場所…市役所第三別館1階 商工振興課、春日部商工会議所、ふれあいキューブ創業支援ルーム、市WEB
    (注意)応募方法など詳しくは、募集要項をご覧ください

救急車の適正な利用にご協力ください

問い合わせ/警防課(内線:4537)

市内の救急出動件数は、年間1万件を超えています。その中には、救急車の必要がないと思われる人も含まれています。緊急ではないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とする傷病者への到着が遅れることで、救える命が救えなくなる可能性があります。
緊急性がなく自分で病院へ行ける場合は、救急車以外の交通機関などを利用してください。病気や事故の状況から急いで病院へ連れて行った方がよいと判断したときは、迷わず119番通報をしてください。
本当に必要な人が救急車を利用できるよう、救急車の適正な利用にご協力をお願いします。

限度額適用認定証の有効期限は平成30年7月31日(火曜日)です

問い合わせ/国民健康保険課(内線:2785)

既に医療機関での支払いを自己負担限度額までに抑えるための「限度額適用認定証」(住民税非課税世帯の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)を持っていて、引き続き認定証を利用する人は、申請が必要です。申請は平成30年7月23日(月曜日)から受け付けます。国民健康保険被保険者証、印鑑、個人番号(マイナンバー)が分かるものを持って、市役所1階 国民健康保険課、または庄和総合支所2階 福祉・健康保険担当へ申請してください。
別世帯の人が代理で手続きを行う場合は、委任状と代理の人の本人確認できるもの(運転免許証など)が必要です。

(注意)「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を持っていて引き続き該当する場合は、平成30年8月1日(水曜日)から有効の認定証を、平成30年7月下旬までに、平成30年度の被保険者証とは別に送付します

「糖尿病性腎症重症化予防事業」を開始します

問い合わせ/国民健康保険課(内線:2786)

尿病性腎症の重症化予防として、国民健康保険の被保険者を対象に、医療機関への受診勧奨や生活習慣改善のための保健指導を行います。
糖尿病性腎症は自覚症状が出にくく、放置していると人工透析が必要となる恐れがあるため、早めの予防、早めの治療が大切です。

受診勧奨

特定健診の結果や医療機関の受診状況などから、糖尿病の疑いのある人に対し、書面や電話などで受診勧奨をします。

保健指導

糖尿病性腎症で通院中の人のうち、人工透析へ移行するリスクがある人を対象に、保健指導を案内する通知を郵送しています。
通知が届いた人は、かかりつけ医と相談して保健指導を利用してください。
保健指導の申し込みは、参加申込書に記入の上、かかりつけ医から推薦書の交付を受け、通知に同封の返信用封筒を使って平成30年7月31日(火曜日)(必着)までに返送してください(市の窓口では申し込みを受け付けていません)。

継続支援

平成29年度に当事業の保健指導に参加した人を対象に、保健指導で身に付けた生活習慣を継続できるよう、継続支援の通知を郵送しています。
継続支援の申し込みは、参加申込書に記入の上、通知に同封の返信用封筒を使って平成30年7月31日(火曜日)(必着)までに返送してください(市の窓口では申し込みを受け付けていません)。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ