このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2018年9月号2面・3面

更新日:2018年9月10日



この街を守る!日々の訓練は安心をつくる

問い合わせ/消防本部総務課(内線:4515)

消防本部は、各種災害から市民の日常を守るため、日々、さまざまな活動をしています。消防の任務は、警防・救急・救助・予防に大別されます。今回の特集では、各種災害に対応する現場部隊の活動を紹介します。

現場部隊

専門別に編成された4つの隊が出動に備えています。

指揮隊

災害現場の指揮を執り、被害を最小限に

現場の最高指揮者である指揮本部長とともに指揮車で出動します。逃げ遅れや出火元の確認など必要な情報収集を行い、作戦を決定、部隊の指揮を執ります。災害を早く収束し、けが人などの被害を最小限にする重要な役割を担っています。

救助隊

人命救助のスペシャリスト

各種救助方法の知識・技術に卓越し、救助資器材の取り扱いに精通した、人命救助を主眼とする特別な隊です。また、強靭(きょうじん)な体と精神力が必要となることから、常日頃からさまざまな災害を想定した訓練を行っています。

消防隊

多様な災害現場で大活躍

消防ポンプ自動車、はしご車を運用し、火災の対応はもちろん救急、救助、風水害などの多様な災害現場で活動しています。平常時には、各種訓練を行うとともに、地水利調査や防火対象物の調査などを行い災害に備えています。

救急隊

救急現場へ駆けつけ、適切な医療機関へ搬送

専門教育を受けた隊員3人で編成され、「救急救命士」の国家資格を持つ隊員も活動しています。傷病者を観察し、苦痛の軽減や傷病の悪化防止を図るための必要な処置を施し、適切な医療機関を選定して搬送します。

訓練

消防本部では、市民の生活を守るため、日々訓練を行っています。

  • 救助訓練
  • CAFS(きゃふす)放水訓練
  • 操船訓練
  • 火災想定訓練
  • 鉄道災害訓練
  • 救急訓練

救助訓練、CAFS放水訓練、操船訓練、火災想定訓練の様子は、YouTube(ゆーちゅーぶ)のかすかべ動画チャンネルで見られます

女性隊員も活躍中!

現在、消防本部の現場部隊では2人の女性隊員が活躍しています。
2人に話を聞いてみました。

高橋 未夢(たかはし みゆ)さん(注意:高の字は、正しくははしご高)
(平成30年度入庁。春日部消防署 第2指揮担当所属)

消防は男性の職場というイメージがあるかもしれませんが、女性だから困るようなことは特にありません。やりがいを感じて働いています。現場で、男性の隊員には伝えづらいようなことがあったときにも、お役に立てると思います。

堀江 遥季(ほりえ はるき)さん
(平成29年度入庁。春日部消防署 第2部隊消防隊所属)

救助を求める人には当然、女性もいます。気が動転しているときに、同性の隊員だと安心できることもあると思います。消防署に子どもたちが見学に来たときは、女性隊員と聞くととても喜んで、抱きついたりしてくれるのがうれしいですね。

愛する人を救えますか あなたの知識と技術が命をつなぐ

救急車が到着するまでの間に、そばに居合わせた人による心肺蘇生(そせい)などの応急手当が重要です。大切な人の命を守るため、応急手当の知識と技術を身に付けましょう。

消防本部では多くの市民が救命講習を受講できるよう、定期的に講習会を実施しています。また、団体での職員派遣による講習会も受け付けています。詳しくは、市WEBを確認してください。

受講していたから、慌てず対応できた

平成29年10月、小学生のミニバスケットボールの試合中に、審判の男性が心肺停止状態になりました。そのとき、居合わせた保護者8人が連携して119番通報、AEDの調達、応急処置を行い、人命救助に貢献しました。保護者の一人、潮 直美(うしお なおみ)さんにそのときの状況を聞きました。

以前に救命講習を受けていたので、救急車とAEDの手配といった声掛けや、胸骨圧迫などの処置を冷静に行えました。他にも経験のある人が何人かいて、うまく連携できたこともよかったです。定期的な講習受講や、普段の活動場所近くのAED設置場所を実際に見て把握しておく必要があることを痛感しました。

その後、男性は無事に退院し、次のように話してくれました。

救助された男性

「自分が突然倒れるなんて、思ってもいませんでした。周りに応急処置のできる人がいてくれたおかげで助かり、とても感謝しています」

119番通報の手引き

救急車を呼ぶほどではないとき
  • 緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、病院へ
  • 判断に迷ったら、全国共通ダイヤル#7119(大人と子どもの電話相談・医療機関の案内)に電話
    急病時に家庭での対処方法や、受診の必要性について、看護師が電話で相談に応じるとともに、医療機関の案内をします。音声ガイダンスに従ってください。
火災のとき、事故や急病で緊急を要する傷病者がいるとき

すぐ119番

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ