このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2018年9月号5面

更新日:2018年9月10日



目次

9月9日は救急の日です

問い合わせ/健康課(内線:7513)

9月9日の「救急の日」を含む1週間(平成30年9月9日(日曜日)~15日(土曜日))は「救急医療週間」です。
これは、救急医療や救急業務に対して皆さんに理解と認識を深めてもらうことなどを目的として定められたものです。

救急医療の適正利用にご協力ください

現在、二次・三次の救急外来に軽症の患者が集中し、重症患者の治療に支障をきたしてしまうことが心配されています。本当に治療を必要とする人への対応を医療機関ができるように、救急医療の適正な利用をお願いします。
急な病気やけがをしたときは、誰もが慌ててしまいがちです。次の四つを普段から心掛けて、急な事態に備えておくことが大切です。

1.かかりつけ医を持ち、通常の診療時間内に受診する

「かかりつけ医」とは、日頃の患者さんの健康状態を把握し、病気や健康などの相談に乗ってくれる身近な医師のことです。自宅近くにかかりつけ医を探しておきましょう。
また、体調がおかしいと感じたら、早めに受診しましょう。

2.「救急電話相談」を利用する

急な病気で心配なときや、どの医療機関を受診したらよいか分からないときは、「全国共通ダイヤル(大人と子どもの電話相談・医療機関案内)」#7119または電話:048-824-4199を利用しましょう。看護師が、対処方法や受診の必要性について相談に応じるとともに、医療機関の案内をします。
ただし、急いで医療機関に行った方がよいと思った時は、迷わず医療機関を受診してください。

3.休日・夜間の急な病気は、まず初期救急医療機関を受診する

比較的症状が軽い場合は、休日当番医(休日昼間)や春日部市小児救急夜間診療所(平日夜間・0歳児~中学校卒業の小児内科系疾患)を受診してください。
診察の結果、入院や手術などの治療が必要な場合は、二次救急医療機関に転送されます。
(注意)初期救急医療機関や救急電話相談などの情報は、19面参照

4.救急車は、緊急性の高い病気やけがのときに利用する

軽い症状でも救急車を利用する人が多くなると、本当に必要な人へ速やかに救急車を出動させることができなくなります。緊急性がなく、自分で病院に行ける場合は、自家用車や公共交通機関を利用しましょう。
ただし、病気や事故の状況から急いで医療機関に行った方がよいと思った時は、迷わず119番通報をしてください。

春日部市の救急医療体制

第三次救急

重症・緊急度が高い。生命の危機が切迫している重篤患者に対応。

  • 独協医科大学埼玉医療センター救命救急センター など
第二次救急

手術や入院が必要な重症の救急患者に対応。

  • 春日部市立医療センター など
初期救急

軽症・緊急度が低い。入院を必要としない軽症の救急患者に対応。

  • 春日部市小児救急夜間診療所
  • 休日当番医 など

自動体外式除細動器(AED)で命を救う

AEDは、心室細動という不整脈を起こしているときに、強い電流を一瞬流して心臓にショックを与えることで、心臓の状態を正常に戻す医療機器です。電源を入れると音声で操作方法を順に指示するので、皆さんでも使用することができます。
日頃からAEDの設置場所を確認しておき、一人でも多くの人の命を救うために役立てましょう。

AEDの設置場所を検索できます

公共施設などに、AEDが設置されています。埼玉県内の設置場所は、「埼玉県AEDマップ」で検索ができます。
携帯電話・スマートフォンは下記より、携帯サイトにアクセスしてください。

AEDを貸し出します

市では、市民の皆さんが参加するイベントなどの開催時に、万が一突然人が倒れた場合、早期に救命活動が行えるように、AEDの貸し出しをしています。

  • 貸出期間…貸出日を含め、7日以内
  • 対象…市や自治会などが主催、共催、後援または協賛する行事の他、市民が主催する営利を目的としないイベントなど。ただし、消防署などが実施する救命講習を修了した人などがイベント開催期間中に会場にいること
  • 申し込み…電話連絡の後、救命講習修了証などの写しを添えて直接、市役所第二別館2階 健康課、春日部市保健センター、または消防本部2階 警防課へ

春日部市国民健康保険被保険者証が更新されます

問い合わせ/国民健康保険課(内線:2787)

平成30年10月下旬までに、市の国民健康保険(以下、国保)に加入している世帯へ、新しい国民健康保険被保険者証(以下、保険証)を特定記録郵便(転送不要)で郵送します。
現在使用している保険証は、平成30年10月31日(水曜日)で使えなくなります。

保険証の表記が一部変わります

国保制度改革により、保険証の表記が下記のとおり一部(3カ所)変更となります。

画像:保険証(画像の下に説明あり)

表:保険証の変更点
現行 改正後
国民健康保険被保険者証 埼玉県国民健康保険被保険者証
資格取得年月日 適用開始年月日
保険者名 交付者

保険証を簡易書留郵便で受け取れます

希望する人は平成30年9月3日(月曜日)~14日(金曜日)に、切手(簡易書留差額料金分150円)を添えて、市役所1階 国民健康保険課、庄和総合支所2階 福祉・健康保険担当、武里出張所のいずれかへ申し込んでください。

保険証を確実に受け取るために

保険証は住民登録している住所へ送ります。住民登録している住所地以外に住んでいると、配達されない場合があります。

  • アパートやマンションなどに住んでいる人は、棟・室番号まで住民登録してください
  • 表札が無い場合、配達されない場合があります

医療費の負担割合

診療時などに支払う医療費の負担割合は、保険診療にかかる費用の3割です。ただし、義務教育就学前(6歳の誕生日の前日以後の最初の3月31日まで)の場合は、2割です。また、70歳の誕生日の属する月の翌月(誕生日が月の初日である場合はその月)以後の場合は、高齢受給者証に示す割合です。

国保の届け出はお早めに

退職などにより国保に加入するとき、または職場の健康保険に加入するなど国保の加入資格が無くなったときは、14日以内に届け出が必要です。

届け出に必要なもの

加入するとき

  • 職場の健康保険の資格を喪失した人の全員分の証明や退職を証明するもの
  • 印鑑
  • 運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど顔写真付きの証明書
  • マイナンバー(世帯主・届出人・加入者)

脱退するとき

  • 新しく加入した健康保険の保険証
  • 国保の保険証
  • マイナンバー(世帯主・届出人・加入者)

職場の健康保険に加入した場合、市の国保から脱退する手続きが必要です。手続きが遅れると、職場の健康保険と国保のそれぞれに加入していることになり、国保税が継続してかかってしまいます。
また、職場の健康保険に加入した日から国保の保険証は使えなくなります。
(注意)別世帯の人が国保の手続きをする場合は、委任状と代理人の運転免許証やパスポートなど顔写真付きの証明書が必要です
(注意)在留期間を更新した外国人は、窓口で保険証の更新が必要です

臓器提供について考えよう

保険証の裏面に「臓器提供に関する意思表示欄」を設けています。
意思を記入することは任意です。必ず記入しなければならないというものではありません。
臓器提供は、提供したい意思もしたくない意思も尊重されます。
皆さん一人一人が臓器提供について考え、家族と話し合い、意思を表示しておくことが大切です。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ