このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2018年10月号5面

更新日:2018年10月10日



目次

平成29年度決算のあらまし

問い合わせ/財政課(内線:2225)

平成30年9月市議会定例会で認定された市の決算の内容をお知らせします。

歳入

歳入総額は、前年から約5億8,500万円増加し、722億862万円となりました。

市税収入額

約284億3,693万円となり、前年から約2億円の増収となりました。

  • 市たばこ税や市民税法人分は減少したが、市民税個人分が昨年に続き、増収
  • 固定資産税についても、新築・増築件数の増加などにより増収

地方交付税

自治体が一定のサービスを提供できるよう交付されたもので、前年並みとなりました。

国や県からの補助金

ごみ処理施設の長寿命化や子育て施策の充実などにより増額しました。

市債

ごみ処理施設などの大規模事業を推進しながらも、残高を抑制しました。

歳出

歳出総額は、前年から約1億700万円減少し、692億3,852万円となりました。

  • 民間保育園の増設整備や小規模保育施設の開設などで、保育定員を拡大
  • ごみ処理施設の大規模改修による長寿命化を進めた(平成30年度に完成)他、汚泥再生処理センターが新たに稼働
  • 浜川戸橋や内谷陸橋などの改修を進め、災害に強いまちづくりを推進
  • 将来の春日部市を見据え、都市計画マスタープランなどを策定
  • コミュニティバスの運行ルートを見直し、公共交通の充実
  • 備後西ポンプ場の改修など、100ミリ安心プランを推進
  • 武里南部の中学校再編、庄和北部の義務教育学校の整備・推進

歳入・歳出の差し引き残額は約29億7,000万円となり、平成30年度に繰り越されました。

一般会計歳入歳出決算一覧(目的別)

歳入

表:一般会計歳入歳出決算一覧(目的別)・歳入
内訳 平成29年度決算額 平成29年度構成比
歳入総額 7,220,862万円 100.0パーセント
市税 2,843,693万円 39.4パーセント
国庫支出金 1,336,282万円 18.5パーセント
地方交付税 831,629万円 11.5パーセント
市債 552,372万円 7.6パーセント
県支出金 441,251万円 6.1パーセント
地方消費税交付金 340,264万円 4.7パーセント
繰越金 227,896万円 3.2パーセント
繰入金 167,494万円 2.3パーセント
諸収入 131,431万円 1.8パーセント
使用料及び手数料 100,723万円 1.4パーセント
その他 247,827万円 3.4パーセント

歳出

表:一般会計歳入歳出決算一覧(目的別)・歳出
内訳 平成29年度決算額 平成29年度構成比
歳出総額 6,923,852万円 100.0パーセント
民生費 3,163,512万円 45.7パーセント
衛生費 837,314万円 12.1パーセント
総務費 756,015万円 10.9パーセント
公債費 668,209万円 9.7パーセント
土木費 620,647万円 9.0パーセント
教育費 530,743万円 7.7パーセント
消防費 215,911万円 3.1パーセント
商工費 54,770万円 0.8パーセント
議会費 42,449万円 0.6パーセント
農林水産業費 25,389万円 0.4パーセント
労働費 7,858万円 0.1パーセント
諸支出金 1,035万円 0.0パーセント

差引

297,010万円

春日部市の財政状況は

財政状況は大幅に改善しました

将来負担比率

平成19年度 144.0パーセント→平成29年度 31.7パーセント(112.3ポイント改善)

実質公債費比率

平成19年度 13.6パーセント→平成29年度 5.0パーセント(8.6ポイント改善)

市税徴収率

平成19年度 91.0パーセント→平成29年度 96.4パーセント(5.4ポイント上昇)

用語の説明

将来負担比率

将来負担比率は、これから返済しなければならないお金の総額が年収に対してどれくらいあるかを示したものです。10年前(144パーセント)と比べて、大きく減っています。

実質公債費比率

実質公債費比率は、収入に対する公債費(借金の返済費用)の占める割合です。数字が少ないほど、借金が少ないということになります。

決算書は、次の場所で公開しています

  • 市役所別館1階 市政情報室
  • 庄和総合支所2階 市政情報室
  • 市内各図書館
  • 市WEB

春日部駅東西連絡便の実証実験を開始します

問い合わせ/都市計画課(内線:3517)

平成29年度に実施した東西連絡便実証実験から、利便性向上のため停留所を拡大した新たな実証実験を実施します。

期間

平成30年10月21日(日曜日)~平成31年3月17日(日曜日)の毎週日曜日(平成30年12月30日(日曜日)を除く)

運行ダイヤ

午前9時台~午後5時台の各時間帯に東口を00分、西口を30分に出発する60分間隔の運行

内容

春バスの運休日となる日曜日に、春バス車両を活用し、春日部駅東口と西口を連絡する乗り合いバスを運行します

停留所

  • 春バス停留所として使用している春日部駅東口
  • 商工振興センター
  • 教育センター
  • ふれあいキューブ
  • 市役所前
  • 春日部駅西口の各停留所

運賃

150円(小学生80円)

(注意)PASMO(ぱすも)Suica(すいか)などの交通系ICカードを利用できます。未就学児(保護者1人につき3人まで)、障がい者およびその介護者1人(手帳の提示が必要)は無料です

緊急地震速報を受信した際の行動訓練

問い合わせ/防災対策課(内線:2341)

国による訓練用の緊急地震速報が、全国瞬時警報システム(Jアラート)を介して、市内190カ所に設置されている防災行政無線スピーカーから放送されます。
放送が聞こえたら、「まず体勢を低く、頭を守り、動かない」の安全確保行動の訓練をしましょう。
なお、この訓練は、国が主体となり、全国一斉に実施されるため、近隣自治体でも同じ訓練が行われます。

とき

平成30年11月1日(木曜日)午前10時ごろ

放送内容

  • 「こちらは、防災かすかべです。ただ今から訓練放送を行います」
  • 「(緊急地震チャイム音)緊急地震速報。大地震です。大地震です。これは訓練放送です」×3回
  • 「こちらは防災かすかべです。これで訓練放送を終わります」

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ