このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2020年12月号10面

更新日:2020年12月10日

目次

高齢者福祉サービスをご利用ください

問い合わせ/高齢者支援課(内線:7459)

高齢者の日常生活支援

緊急通報システム

家庭内で急病・災害などの緊急事態が起こったときに、ワンタッチで受信センターにつながり、緊急車両の手配や健康相談にも応じることができる装置を貸し出します。使用しなくなった場合、機器は返却になります

対象

おおむね65歳以上で次の1~3のいずれかに該当し、利用することが必要と認められた人

  1. 一人暮らし(疾病などの理由のある人)
  2. 高齢者のみの世帯
  3. 障がい者または未成年者のみと生計を同一にする世帯
費用

無料(通話料、電気料は利用者負担)

配食サービス

食の自立を支援するため、栄養バランスの取れた食事を居宅に配達するとともに安否の確認を行います

対象

おおむね65歳以上の一人暮らしまたは高齢者のみの世帯で、サービスを利用することが必要と認められた人

利用回数

月曜日~土曜日の昼食・夕食から選んで週6回まで

費用

1食400円

日常生活用具給付

心身機能の低下に伴い、防火の配慮が必要な人に日常生活用具(火災警報器・自動消火器・電磁調理器)を給付します

対象

おおむね65歳以上の一人暮らしや高齢者のみの市県民税非課税世帯の人

費用

無料(給付は用具種目ごとに1世帯につき1個)

家具転倒防止促進事業

地震による家具の転倒を防止するため、家具転倒防止器具の購入および設置に係る費用の一部を補助します。自身での取り付けが困難な人は、取り付けについて届け出事業者(市WEBに一覧掲載)に相談することができます

対象

65歳以上の一人暮らしまたは高齢者のみの世帯など

補助額

1世帯1回限り、1万円を限度。器具の購入と設置の前に高齢者支援課へ申請が必要

介護する家族への支援

重度要介護高齢者手当支給

身体上または精神上の障害のため、日常生活に著しく支障がある在宅の高齢者に手当を支給します

対象

次の1~4の全てに該当する人

  1. 市内に居住する65歳以上の在宅の高齢者で、介護保険法における要介護4または要介護5に該当し、本人が市県民税非課税
  2. 在宅重度心身障害者手当を受けていない
  3. 特別障害者手当、経過的措置による福祉手当を受けていない
  4. 介護保険施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)、グループホーム、有料老人ホーム、軽費老人ホームなどに入所していない
支給額

月額5千円

支給月

9月・3月の年2回

家族介護用品支給

紙おむつ、尿とりパッド、ドライシャンプー、清拭(せいしき)剤を支給します

対象

おおむね65歳以上の在宅の高齢者で、介護保険法における要介護4または要介護5に該当する市県民税非課税世帯の人

利用回数

月1回

費用

支給品にかかる経費(1カ月6千円(税抜き)を上限)の1割相当分が自己負担

健康の増進、ふれあいの場

高齢者福祉施設

高齢者の皆さんが集い、ゆったりと交流やさまざまな活動をすることができる施設です。舞台付き和室、会議室などがあります
(注意)幸楽荘・寿楽荘など、各地区を循環するバスがあります。詳しくは、市WEBをご覧ください

支えあいや見守り

高齢者安心見守り事業

いきいきクラブ連合会会員が定期的に電話し、健康状態などを伺います

対象

おおむね65歳以上の一人暮らしまたは高齢者のみの世帯などで、市による安否確認が必要と認められる人

利用回数

週に1回、希望の曜日に電話します

費用

無料

その他

市では、長寿祝金・記念品の贈呈、敬老会・元気アップ教室の開催などを行っている他、ふれあい大学・大学院の開講も行っています。また、各地域にはいきいきクラブ(全53クラブ)があり、健康づくり運動やグラウンドゴルフなどのスポーツ活動、趣味の活動、三世代交流事業などを行っています。ぜひ参加してください。

確定申告時期の高額療養費申請

問い合わせ/国民健康保険課(内線:2785)

通常、国民健康保険高額療養費支給申請には、医療機関などが発行した領収書の原本の提示が必要ですが、令和3年1月~3月に送付する高額療養費支給申請書(おおよそ令和2年10月~12月診療分)の申請に限り、コピーでも受け付けます。
確定申告などで領収書の原本を提出する場合は、あらかじめ領収書のコピーをとっておいてください。
(注意)診療を受けた時点で70歳以上の人は、原則、領収書の提示は不要です

高額療養費制度とは

国保加入者が同一月内に医療機関などに支払った一部負担金額が自己負担限度額を超えたとき、世帯主からの申請に基づき、その差額を高額療養費として春日部市国民健康保険が支給するものです。
高額療養費が生じる世帯には、診療月の約3カ月後に支給申請書を送っています。

市長のわがまち企業訪問 Vol.1

かすかべSDGsパートナーズ登録企業
泉工(せんこう)医科工業 株式会社

所在地:春日部市浜川戸2丁目

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ