このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

2021年4月号6面

更新日:2021年4月12日



目次

中止のお知らせ 毎年4月・5月に開催しているフジ・大凧にまつわる大規模イベント

毎年4月・5月に開催している下記のフジ・大凧にまつわる大規模イベントは、新型コロナウイルス感染拡大を防ぎ、市民の皆さんの健康と安全を守るため、やむなく中止します。これからフジの季節を迎えます。市内にはたくさんの藤棚がありますので、感染予防対策をしながらぜひ散策してみてください。

藤テラス

問い合わせ/道路管理課(内線:3414)

街路樹として日本一の長さを誇る藤棚の下で、市内の店舗が集まるオープンカフェを開設。市のシンボルである藤棚の下で、フジを鑑賞しながら安らぎのひとときを過ごせるイベント

春日部大凧マラソン大会

問い合わせ/春日部大凧マラソン大会本部(スポーツ推進課内)(電話:048-763-2446)

新緑が気持ちいい江戸川沿いや庄和総合公園周辺を、全国から集まる約1万人のランナーが走るマラソン大会

春日部藤まつり

問い合わせ/春日部市コミュニティ推進協議会(市民参加推進課内)(内線:2875)

約1.1キロメートル続くふじ通りの藤棚の区間で、オープニングパレードやキッズダンス、よさこい・ソーランなどの華麗な演技と趣向を凝らした模擬店が沿道を彩るイベント

オンライン春日部藤まつり2021専用WEB開設

今年の藤まつりは、ふじ通りでの通常開催を中止し、「オンライン春日部藤まつり2021」を開催します。これまでの参加団体の活動動画や写真の紹介、藤まつりで過去に撮影した写真を掲載したページなど、多くの人に藤まつりの雰囲気を楽しんでもらえるページを、令和3年4月25日(日曜日)から順次公開予定です。

ふじ通りのフジをみんなで守ろう(ふるさとかすかべ応援寄附金)

問い合わせ/財政課(内線:2227)

市では、ふじ通りの藤棚をリニューアルするため「ふるさとかすかべ応援寄附金(ふるさと納税)」で寄附を募集しています。寄附をしていただくと、名前やメッセージなどを刻印した銘板を作成し、ふじ通りに設置することができます。皆さんからの寄附をお待ちしています。
詳しくは、市WEB「ふるさとかすかべ応援寄附金(ふるさと納税)」からアクセスまたは直接、市役所別館2階 財政課へ

  • 銘板の仕様…樹脂製
  • サイズ…縦60ミリメートル、横110ミリメートル

春日部大凧あげ祭り

問い合わせ/春日部大凧あげ祭り実行委員会(観光振興課内)(内線:7769)

子どもたちの健やかな成長と幸福を願い、縦15メートル、横11メートル、重さ800キログラム、百畳敷きの大凧を舞い揚げるイベント

応募のあった「初節句祝い」の申込者には連絡の上、希望者に子どもの名前が書かれた「名入り凧」を郵送します。

令和3年4月から、新生児聴覚スクリーニング検査費の助成(最大5千円)を開始します

問い合わせ/こども相談課(内線:2767)

新生児聴覚スクリーニング検査は、赤ちゃんの聴覚に問題がないかを早期に確認する検査です。「聞こえにくさ」は目に見えないので気付かれにくいですが、1,000人に1人から2人の赤ちゃんに生まれつきの聞こえにくさがあるといわれています。検査により、聴覚の問題を早期に発見し、適切な治療を行うことで、赤ちゃんの言葉の発達と心の成長に大きな効果が期待できます。
全ての赤ちゃんに新生児聴覚スクリーニング検査を受けてもらうために、検査費用の一部を助成します。

  • 対象者…令和3年4月1日以降に聴覚検査を受けた新生児
  • 対象となる検査…生まれて、最初に受けた聴覚検査
  • 助成の方法…令和3年4月1日以降に妊娠届を提出する妊婦には、母子健康手帳と一緒に新生児聴覚スクリーニング検査助成券を交付します。令和3年4月1日現在、既に母子健康手帳の交付を受けている妊婦には、個別にお知らせします
  • (注意)詳しくは市WEB、またはこども相談課へお問い合わせください

    えせ同和行為を排除しましょう
    埼葛えせ同和行為対策強化月間

    問い合わせ/総務課(内線:2418)

    本市を含む埼葛12市町では、毎年4月を「埼葛えせ同和行為対策強化月間」と定め、同和問題の正しい理解の妨げとなっている「えせ同和行為」の排除を呼び掛けています。

    「えせ同和行為」とは

    同和問題の解決を口実に、個人、企業、行政機関などに対して「図書等物品購入の強要」や「寄付金・賛助金の強要」など、不法・不当な行為や要求をすることです。
    このような行為は、要求を受けた人が被害に遭うだけでなく、同和問題に対する誤った認識を植えつけ、新たな偏見や差別意識を生む要因となり、同和問題解決の大きな阻害要因となる許されない行為です。

    えせ同和行為は断固拒否しましょう

    えせ同和行為の要求に応じる義務はありません。終始、き然とした態度で断固拒否し、えせ同和行為を排除しましょう。その場しのぎの安易な対応は、かえって相手につけ込まれます。

    同和問題(部落差別)に関する正しい理解を深めましょう

    同和問題とは、同和地区(被差別部落)に「住んでいる」あるいは「生まれた」ということを理由とした不合理な偏見により、結婚や就職、日常生活などの面で差別を受け、基本的人権が侵害されるという、日本の歴史の中で生み出され、現在もなお存在する我が国固有の重大な人権問題です。埼葛12市町では「部落差別の解消の推進に関する法律」を踏まえ、同和問題の正しい理解が図られるよう、人権教育・啓発活動を推進しています。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ