このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市指定無形民俗文化財「東中野の獅子舞」が公開されました

更新日:2019年11月13日


辻切り。新たに保存会に加わった2人の後継者が辻切りで見事にデビュー。長身を生かした大きな舞が披露されました

さわやかな秋晴れの下、令和元年11月10日に、東中野香取神社の秋季祭礼で獅子舞が公開されました。午前中は地区境6カ所で疫病退散、家内安全を祈願した「辻切り」が行われました。午後からは神社境内で庭入りをはじめ全7演目の奉納舞が公開されました。秋季に行われる祭礼は一般的に五穀豊穣を喜び、無事に一年が終えられるよう、そして来年の豊作を祈願するものといわれます。
東中野の獅子舞は享保5年(1720年)に現在の越谷市下間久里から伝授され、数えで300年目を迎えます。激しくリズミカルな舞が特徴的で、この日も終盤にはストーリー性のある「花掛かりの舞」では三匹獅子に加え、いたずら狐との掛け合いで観覧者から拍手喝采でした。


花掛かりの舞。女獅子と狐の掛け合いは祭礼での見どころとなっています

この日は三匹獅子による千島の舞、太夫の舞、ふっきりの演舞に加え、保存会会長による「大祓(おおばら)い」が初めて神社境内で披露されました。


大祓い。口上の後、邪気を払う神事で、通常は最後の辻切りの場で行われます

来年の祭礼では、この日デビューを飾った2人の後継者の活躍が楽しみです。
また、市内の民俗芸能を伝承する八つの保存会では、後継者の育成はもとより、舞の復活や子どもの演舞、女性の参加など、新たな取り組みが芽生えています。ぜひ、現地での公開に足を運び、郷土の伝統の舞の応援をよろしくお願いします。

お問い合わせ

文化財保護課 文化財担当
所在地:〒344-0062 春日部市粕壁東三丁目2番15号
電話:048-763-2449 内線:4834 ファックス:048-763-2218

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

ピックアップニュース

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ