このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「東京」・「五輪」の大凧の文字書きが一般公開されました

更新日:2020年3月3日

写真:五輪の文字が書かれた大凧

令和2年2月23日、江戸川小中学校および旧宝珠花小学校の体育館で、大凧あげ祭り(5月3日(祝日)・5日(祝日)開催)で揚げる凧の文字書きが行われました。今年の大凧文字は、下若組が「東京」、上若組が「五輪」で、それぞれの会場で一般公開されました。
今年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、一般参加者の文字書き体験を中止し、見学のみでしたが、体育館一面に広げられた大凧に春日部市「庄和大凧文化保存会」の会員が真剣な表情で作業をする様子を、見学した人は興味深く観覧していました。さらに、会場では、身を乗り出して大凧を眺める子どもの様子も見受けられました。
粕壁東から来た夫婦は「大凧あげ祭りは見に行っていたが、文字書きを見るのは初めて。今年の大凧もぜひ揚がってほしい」と話していました。
文字書きの作業には石川 良三(いしかわ りょうぞう)市長も参加。保存会の会員を前に、「オリンピック・パラリンピックの開催をお祝いし、大いに盛り上げるべく心を込めて文字入れをしたい」と意気込みを述べました。
保存会会長を務める川島 栄(かわしま さかえ)さんは「昨年は神風が吹いて見事に大凧が揚がった。今年も揚げて、オリンピック・パラリンピックの選手たちを応援したい」と話していました。
縦15メートル、横11メートルの百畳敷きの大凧は、竹と和紙を用いた伝統の技法により制作される。今後も凧の骨巻きなどの作業が続きます。
なお、現在、大凧あげ祭り当日の大凧の引き手も募集しています。募集締め切りは、令和2年4月3日(金曜日)までです。

関連リンク

お問い合わせ

観光振興課 観光振興担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7767 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

ピックアップニュース

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ